【スポンサードリンク】

« あすなろ白書 第05話「愛の泉」あらすじ | メイン | あすなろ白書 第07話「なるみの戸惑い」あらすじ »

2013年12月27日

あすなろ白書 第06話「取手の挑戦」あらすじ

星香へのラブレターは質の悪いいたずらだった。さしもの星香も乙女心を深く傷つけられる。
一方、なるみの取手への気持ちはまだ揺らいでいたが、なるみに入れ揚げる取手は、高価な時計や携帯電話を買い与え借金が嵩んでいく。宝くじが当たったものの、賞金を友人に取り逃げされる始末。消費者金融に追われるような状況になり、見かねた掛居が賞金の出る論文大会への出場を勧める。父に自分を認めさせるチャンスでもあり、取手も乗り気になる。
あすなろ会の面々も何かと取手の世話を焼く。
そして、いよいよ迎えた論文大会の本番の日・・・。

以前・以後のあらすじは、あすなろ白書(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/27192