【スポンサードリンク】

« あすなろ白書 第09話「閉ざされた明日」あらすじ | メイン | あすなろ白書 第11話「一人ぼっちの誕生日」あらすじ »

2013年12月27日

あすなろ白書 第10話「蜜月の終わり日」あらすじ

なるみとデート中に、掛居はトキエが援助交際しているのを目撃。思わず駆け寄るが、取り残されたなるみは落胆する。
二人の蜜月は早くも終わりつつあった。掛居を救うべく、あすなろ会が学校に嘆願書を提出するが、掛居は退学処分を受け入れてしまう。尽力した星香たちも裏切られたような思いを抱く。しかし、掛居は編入試験を受けるつもりだった。試験までの4ヶ月間、掛居となるみは距離を置くことにする。
一方、松岡は星香の勧めでピアノ・コンクールに参加することに。掛居への想いを秘めつつも、二人の友情は愛情へと変わりつつあった。

以前・以後のあらすじは、あすなろ白書(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/27196