【スポンサードリンク】

« あすなろ白書 第12話「友情の綻び」あらすじ | メイン | あすなろ白書 第14話「それぞれの道」あらすじ »

2013年12月27日

あすなろ白書 第13話「永遠の別れ」あらすじ

取手は“熱帯雨林撮影隊”のポスターに魅了され、スタッフ募集の面接を受ける。
一方、トキエに代わり、今度は京子が掛居の下を頻繁に訪ねて来るようになる。
そこへ折り悪くなるみが訪ねて来て・・・。ピアノ・コンクールを控え、松岡と星香は予行演習に精を出す。しかし、星香は松岡との一夜以来、体調が悪かった。
松岡と取手が一杯やった帰り、掛居の話を聞いた松岡が動揺し、向ってきたトラックと事故を起こす。松岡に庇われた取手は事なきを得たが、松岡は重症を負う。
掛居となるみの事を案じながら、星香に看取られて松岡が息を引き取る。

以前・以後のあらすじは、あすなろ白書(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/27199