【スポンサードリンク】

« あすなろ白書 第19話「静かな火花」あらすじ | メイン | あすなろ白書 第21話「再び夢を」あらすじ »

2013年12月27日

あすなろ白書 第20話「世界の果てまで」あらすじ

掛居は京子の妊娠を機に結婚に同意する。一方で、秋庭には新たなスキャンダルが発覚。心乱されたなるみは、酒を飲んで取手に介抱される。
翌日、休暇を取った掛居は、なるみと空良をドライブに誘う。昔からの恋人同士のように自然に心を通わせる二人。“世界の果てまで行ってみないか?”と問う掛居に、もう昔には戻れないと、なるみは別れを告げる。
掛居となるみが二人で休暇を取っていた事を知った京子は、ひどく動揺する。秋庭は社員たちを前になるみとの婚約を大々的に発表。そんな折、星香の論文が認められ、アメリカ留学の話が舞い込む。

以前・以後のあらすじは、あすなろ白書(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/27206