【スポンサードリンク】

« Starlit〜君がくれた優しい光〜 第10話「きらきら星変奏曲」あらすじ | メイン | Starlit〜君がくれた優しい光〜 第12話「小鹿の告白」あらすじ »

2013年12月03日

Starlit〜君がくれた優しい光〜 第11話「本当の気持ち」あらすじ

嫉妬に狂った睿珊は街中を駆けていく。そして最後にはやはり世傳に救いを求めるのだった。後日、程岳を訪ねてきた世傳は怒りのあまり胸ぐらをつかみ、何も言わずに程岳を殴りつける。睿珊の気持ちをすべてぶちまけた世傳に、程岳は「もう一度ピアノを弾いてみる」と答える。心の底から喜んだ睿珊は、程岳のために小規模な演奏会を開催する。だがこの演奏会は程岳が音楽界に生涯別れを告げるセレモニーとなった。演奏が終えた程岳は、目の前の聴衆に向かって深々と一礼し、謝罪の気持ちを表すのだった。
程岳は舞台の下を見渡した。遺憾な面持ちの恩師、心痛の浮かぶ母親、顔面蒼白になった睿珊、詫びに満ちた表情の世傳。そして、心から心配そうな表情を浮かべる小鹿。程岳は黙って向きを変え舞台を去っていくのだった。

以前・以後のあらすじは、Starlit〜君がくれた優しい光〜(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/26537