【スポンサードリンク】

« ぴー夏がいっぱい〜熱情仲夏〜 第07話「恋愛進行形」あらすじ | メイン | ぴー夏がいっぱい〜熱情仲夏〜 第09話「高校生マネージャー誕生」あらすじ »

2014年01月15日

ぴー夏がいっぱい〜熱情仲夏〜 第08話「将来の選択」あらすじ

茶子(チャン・ユーチェン)と舟橋先輩(イーサン・ルアン)のバレンタインデートの話を聞いて、自分も累(ジョセフ・チェン)とデートしたい夏芽(ウーション)はあの手この手を使って誘ってみるが、現実はそう上手くはいかない。 累が出演しているテレビCMが流れ、ポスターも張り出されてからというもの、校内でも世間でも累への注目度が高くなった。この仕事が最後だと宣言していた累だったが、予想外の反響で事務所のオーナーも累に契約を継続するよう説得し始めた。全くその気のない累だったが、夏芽にモデル続行を勧められ、累はオーナーに1つある条件を出すのだった。

以前・以後のあらすじは、ぴー夏がいっぱい〜熱情仲夏〜(台湾ドラマ)から見れます。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://xsvx1025742.xsrv.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/27492