« 2014年04月 | メイン | 2014年06月 »

2014年05月22日

進め!キラメキ女子 第17話「お前は俺のものだ」あらすじ

ミンナーを愛していても心が離れていくとシンレンに悩みを打ち明けるチェンフォン。酔って足元がふらつき、はずみでシンレンを押し倒してしまう。そこに現れたズーチーは、チェンフォンに殴りかかる。チェンフォンともみ合いになり、怪我をしたズーチー。ズーチーに腹を立てながらも怪我の手当てをするシンレンにズーチーは思わずキスをする。一方会社では、ユーラーと偶然キスをしてしまった史課長が、ユーラーへの恋心に心を悩ませていた…

以前・以後のあらすじは、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)から見れます。

進め!キラメキ女子 第16話「彼女のお願い」あらすじ

チェンフォンの態度が冷たく、オリジナルブランドを放棄しPBのデザイナーになったのはシンレンが理由ではないかと疑うミンナー。営業部に負かされっぱなしのマーケティング部は、ミンナーと直接交渉し、チェンフォンのオリジナルブランドの出店を打診する。一方、ギクシャクしたままの関係のシンレンとズーチー。ある日シンレンの家のブレーカーが壊れ、ズーチーが修理をかって出るが、誤って感電し倒れてしまう。そのことを知ったカイアーは…

以前・以後のあらすじは、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)から見れます。

進め!キラメキ女子 第15話「シンレンが好き?」あらすじ

元気のないシンレンを気分転換させようと外へ連れ出したチェンフォン。足をくじいたシンレンを介抱し、おぶって歩くチェンフォンの姿が盗撮され、ネット上に投稿されてしまう。そんな中、カイアーはズーチーを呼び出し、自分の生い立ちを打ち明ける。一方、投稿動画はチェンフォンの浮気スキャンダルへ報道が加熱し、チェンフォンは急遽釈明会見を行う。その会場に、パリにいるはずの恋人ウェイ・ミンナー(ジャネル・ツァイ)が現れて…

以前・以後のあらすじは、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第16話「彩を知っていた?〜兄の記憶と弟の不安と」あらすじ

美幌別にいる田中と春子が彩(ツァイ)に会いに台湾へやってくることになった。ところが永岫(ヨンシウ)とシャンチーが婚約をするということを知り、2人は婚約式の会場へ駆け込んで騒動を引き起こす。その会場でシャンチーの母親が体長不良で倒れた。病院へ運ばれたシャンチーの母親は乳がんであることが分かった。
婚約式の会場で田中と春子に浴びせられた言葉に、永岫はまだ思い出せていない過去があるのではないかと感じるようになる。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第15話「婚約おめでとう〜一るの望み」あらすじ

遂に永岫(ヨンシウ)はシャンチーと婚約をすることにする。手をつないで婚約報告に現れた永岫とシャンチーに、彩(ツァイ)はひどくショックを受ける。しかし、なす術はなかった。間もなく彩は永岫の推薦で永世病院に復帰することになった。喜ぶ彩。そんな彩を見て、永拓(ヨントゥオ)は嫉妬心から彩に対して、病院で働いても永岫を好きになるなと警告する。そして永拓は彩に優しくする永岫にも八つ当たりをするのだった。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第14話「日本で待っている子がいる〜大切な記憶」あらすじ

永岫(ヨンシウ)とシャンチーが北海道に滞在中、台湾からシャンチーの母親が入院したという知らせが届く。永岫とシャンチーは急いで台湾へ戻り、幸いにも母親は大事に至らなかった。
彩(ツァイ)は北海道旅行によって永岫が自分のことを思い出してくれることを願っていたが、シャンチーからの報告はその期待を裏切るものだった。逆に、永岫と結婚すると誇らしげに語るシャンチー。彩に出来ることは、おめでとう、と書くことだけだった。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第13話「愛したという記憶〜愛の裏工作」あらすじ

彩(ツァイ)に思いを寄せるものの、心優しい弟・永拓(ヨントゥオ)は入院中の兄・永岫(ヨンシウ)と彩を会わせようと、子園(ズーユェン)と協力する。しかし彩は永岫がまったく自分の事を思い出していないことを知ると、傷つき、病院をあとにする。
彩へのライバル心が募るばかりのシャンチーは、楚(チュー)院長に彩が病院の寮に住んでいる事をバラす。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。