« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月13日

進め!キラメキ女子 第19話「熱の測り方」あらすじ

ズーチーの携帯に届いたカイアーからのメールを偶然読んだシンレン。すべてはカイアーが独断で行ったことで誤解だったとわかり、ズーチーとシンレンのわだかまりもとける。ある日、2人はシンレンの母の計らいで期せずして2人だけのデートをすることに。一方、職場ではPBがオープン初日を迎えた。お祝いにやってきたミンナーは、PBの売り場と引き換えという条件は取り消すが、内装のデザインをシンレンに担当してほしいと言い出して…

以前・以後のあらすじは、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)から見れます。

進め!キラメキ女子 第18話「つまり、たぶん・・・」あらすじ

仕事への道すがらシンレンが購入予定だった物件を目にしたシンレンとズーチー。家に戻ったズーチーは、完成したドールハウスをシンレンにプレゼントし、シンレンへの気持ちを示唆するが、カイアーの言動が気になるシンレンは半信半疑。そんな中、突然シンレンの母親が訪ねてきた。すっかりズーチーを婿扱いし、ズーチーの部屋を見てみたいというシンレンの母を部屋に招きいれたズーチー。そこにカイアーがズーチーのために日用品を買ってやってきて…

以前・以後のあらすじは、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第19話「一緒に北海道へ〜一途な愛」あらすじ

文森(ウェンセン)のシャンチーに対するアドバイスは、“既成事実”を作れば永岫(ヨンシウ)はその性格から必ず責任をとるだろうというものだった。シャンチーは文森のアドバイスを聞き入れ、泥酔した永岫と一夜を共にする。翌朝、シャンチーの母・金蓮(ジンリェン)は2人の寝室での光景を目にして激怒し、永岫に責任をとってすぐにシャンチーと結婚するように迫る。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第18話「彩と結婚するつもりだった〜事件と彩の記憶」あらすじ

彩(ツァイ)は春子と台湾を離れる前日、永拓(ヨントゥオ)に夢中な女性に病院で出くわす。彼女は永拓が彩のせいで美幌別に行くと知り、怒りのあまり彩を刃物で刺した。永岫(ヨンシウ)は彩を助ける為、勇気を振り絞って手術室に入った。手術を進めるうちに、永岫の頭の中には、遂に北海道での彩の姿が蘇ってきたのだった。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。

白色之恋 第17話「私が覚えていれば大丈夫〜苦渋の決断」あらすじ

楚一誠(チュー・イーチェン)院長の重病が明らかになったことで、永世病院の取締役会は文森(ウェンセン)副院長を院長代理に決定した。
彩(ツァイ)はとうとう田中と春子と一緒に美幌別へ帰る事に決めた。永拓(ヨントゥオ)は反対し、彩が行くのなら付いて行くと宣言する。彩はそれを断るが永拓は強引に行く事に決める。その時、永拓に夢中な1人の女性が現れ、彩に対してもう永拓には近づくなと敵意をむき出しにする。

以前・以後のあらすじは、白色之恋(台湾ドラマ)から見れます。