【スポンサードリンク】

« 白色之恋 | メイン | 流星雨 »

2013年11月11日

部屋においでよ 第10話「引っ越しますか?」あらすじ(最終回)

水沢文は世界ツアーに出る。撮影中に怪我をして入院した塩村ミキオは文を気遣いそのことを報告しない。少しずつ二人の間にすれ違いが生じ、文はいつかミキオが自分を必要としなくなるのではという不安を感じる。写真に本腰を入れたいミキオは自分の作業場所として別に部屋を借りて…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第09話「しあわせ・・・・・・始まりますか?」あらすじ

全国新人写真コンクールに塩村ミキオは水沢文の写真を提出する。迫力のある作品を提出した中原健と翳りのある被写体の気持ちが現れたミキオの作品に審査は難航する。陽と陰、中原の作品を抑え、ミキオは見事グランプリを獲得する。ミキオはプロカメラマンとしての生活をスタートする。一方、CDが順調な文もコンサートツアーの企画が持ち上がり、二人とも夢を手に入れたかに見えたが…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第08話「話しますか?話しませんか?」あらすじ

遠藤美由紀は塩村ミキオの気持ちを自分に向かせるため、ヌードでの被写体を申し出る。水沢文は、プロデューサーの関から今泉一也が手の筋を切り、二度とピアノを弾けなくなったことを聞く。きっぱりと別れたはずだったが、夢を断たれた一也を放っておけない文は一也の部屋を訪ねるが…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第07話「あの頃にもどれますか?」あらすじ

塩村ミキオは水沢文のもとに戻ってきたが、文は相変わらず、今泉一也に会っていた。写真コンクールに出品するため、文をモデルに写真を撮ったミキオだが、ファインダーの向こうの文には翳りがある。文への思いを打ち明ける一也とミキオに文の心はますます揺れる。ミキオは遠藤美由紀にコンクール用の写真のモデルを依頼する。

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第06話「後悔しませんか?」あらすじ

塩村ミキオは雑誌社から柴山カメラマンのアシ雑誌社でアルバイトを始めた塩村ミキオは、ある日著名な写真家遠藤信の代わりに高森アンナの写真を撮ることになる。ミキオの実力を認めた遠藤は、ミキオと中原健を全国新人写真コンクールに推薦する。ある晩、ミキオは今泉一也と水沢文が抱き合っているところを目撃する。仲間と酔いつぶれたミキオの足は文の部屋へと向かっていた…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第05話「会いに・・・・・・行けますか?」あらすじ

塩村ミキオは雑誌社から柴山カメラマンのアシスタントとしてボクサー田岡の写真を撮るように依頼され、ミキオの作品が認められる。一方、水沢文は、今泉一也に抱きしめられ、一也の腕を振り切れない自分に気づく。ミキオは自分の写真が掲載された雑誌を文に届けに行くが、文に会う勇気が出ず、雑誌を渡すことができない。ある日、ピアニストの写真撮影のため中原に一也の店に案内されたミキオは、文と一也のツーショット写真を目にする…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第04話「何故別れたんですか?」あらすじ

今泉一也と再会した水沢文は気持ちが動揺し、写真に投げやりな塩村ミキオにしばらく別れることを提案する。文は、一也がピアノを弾いているというバーを訪ね、一也にピアノの世界に戻るつもりだと告げられる。ミキオと一也との間で文の心は揺れ、ピアノにも身が入らない。一方、ミキオは写真部で中原健の大学と合同写真展を開くことになり…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第03話「コンプレックスありますか?」あらすじ

一向にスランプから抜け出せない塩村ミキオ。水沢文はデビューに向け準備を始める。ある夜、ミキオは、文を送ってきた関の姿を見て、文に冷たくあたる。二人の間には薄い壁ができてくる。そんな中、文のCDが完成し、広告ポスターが今泉一也の目にもとまり…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第02話「昔のこと、気になりますか?」あらすじ

カメラマンになることを夢見る塩村ミキオだが、なかなか自分の思う写真が撮れない。ミキオはひとり撮影旅行に出かけ、水沢文は慣れていたはずの「ひとり」の空間に寂しさを感じる。ある日、文はバイト先のホテルで昔の恋人、今泉一也の姿を見かけ…

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。

部屋においでよ 第01話「部屋においでよ」あらすじ

Pubでハイな一夜を過ごした水沢文が目を覚ますと、隣には昨夜知り合ったばかりの塩村ミキオという男の子が寝ていた。最初は気まずさを覚える二人だったが、文の「部屋においでよ」という誘いを受け、ミキオは文の部屋で生活を始める。

以前・以後のあらすじは、部屋においでよ(台湾ドラマ)から見れます。