【スポンサードリンク】

« あの日を乗り越えて | メイン | ぴー夏がいっぱい »

2013年11月16日

おいしい関係 第32話「夢の始まり」あらすじ(最終回)

オーナーの土地を借りて店を出そうと思い立った百恵。心配した織田が一緒にやろうと言い出すが、百恵はキッパリと断る。
お腹の子の父親として決心を固めた蓮見は可奈子を訪ねる。蓮見の言葉に心を動かされた可奈子は、確執のあった父親のもとへと向かい、穏やかに語りかける。
百恵は織田の言葉を反芻しながら、自分の夢や想いとの間で悩んでいた。そんな百恵に、ついに織田が気持ちを打ち明ける。そして、2人が選んだ夢のかたちとは…?

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第31話「それぞれの道へ」あらすじ

退院した千代を家に送って行った織田と百恵は、由美からの電話を受ける。リトルベアを人手に渡したくないオーナーが店を取り壊すことを決め、取り乱した由美が助けを求めてきたのだった。みんなが店に駆けつける中、思い出の詰まったリトルベアがゆっくりと崩れて消えていく。
みんなそれぞれの道を歩み始め、大地はフランスへ渡り、百恵も自分の夢をはっきり描くようになった。そして、織田はオーナーに一緒にレストランをやろうと持ちかける…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第30話「実らない想い」あらすじ

コンクール決勝の日、大地は百恵の声が聞きたくなって電話をかけるが、留守電にしかつながらず、元気が出ないまま決勝にのぞむ。
数日後、大地のもとに優勝の通知が届く。百恵と一番最初に喜びを分かち合いたい、そして一緒にフランスに行けたら…と願う大地だったが、大地の優勝を知った百恵が一番に思いついたのは、それを織田に知らせることだった。はしゃぎながら織田に電話する百恵の隣で、大地は百恵を見つめることしかできない…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第29話「さよなら リトルベア」あらすじ

リトルベアに戻り、オーナー達に温かく迎えられた百恵。さっそく、蓮見が近所にオープンしたブランシェへ偵察に行く。その頃、可奈子は妊娠したことに気づき、母の介護との二重の負担に苦しんでいた。
偵察から戻った百恵の報告に、リトルベアのみんなは頭を悩ませる。ブランシェはメニューやサービス、どれを取ってもレベルの高い店だったのだ。リトルベアには客が来なくなり、オーナーはついに閉店を決意する…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第28話「久しぶりの再会」あらすじ

織田はリトルベアの厨房を手伝うが、百恵の失踪の原因が自分にあると大地から責められ、店を飛び出してしまう。一方、自分の未熟さをかみしめていた百恵は、電話で高橋に勝手な振る舞いを詫びるとともに、辞職を申し出る。
織田は百恵の帰りを待ち、絶えず百恵のことを考えるようになっていた。注意散漫になった織田はバイク走行中、ある男の子とぶつかってしまう…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第27話「信じてほしいのに」あらすじ

蓮見と付き合い始めた可奈子は記事を見て感情的になり、百恵の部屋にやってきて不満をぶつける。百恵は周囲の誤解に耐えられなくなり、黙って姿を消してしまった。コンクールの合格通知を受け取った大地は真っ先に百恵に報告に行くが、もぬけの殻となった部屋に愕然とする。
一方リトルベアではオーナーがフランチャイズ加盟を決め、みんなはショックを受ける…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第26話「誤解」あらすじ

蓮見は百恵にフランチャイズのイメージシェフになってほしいと頼むが、断られたうえ口論になる。次に蓮見が訪ねたのはリトルベアのオーナーだった。加盟の話にオーナーの心は揺れる。
後日、ある雑誌に百恵と蓮見が口論する写真が載り、2人が恋人だという記事を書かれてしまう…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第25話「ままならない告白」あらすじ

可奈子の心が再び不安定になっていると知った織田。医者と話すうち、可奈子との今の関係を続けるべきかどうか考え始める。
コンクールに向けて百恵は練習を重ねるが、心をこめて作った料理は高橋と多峰にあれこれ欠点を指摘される。高橋から宿題を課され、やる気を取り戻した百恵。織田を誘って新しいレストランへ食事に行き、思いがけない物を贈られる…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第24話「狙われたレストラン」あらすじ

百恵はコンクールに備えて織田の特訓を受けられることになり、大喜び。一緒に特訓を受けた大地は、百恵を諦められないと感じると同時に、百恵と織田の関係にも苛立ちを覚える。そこに、蓮見が百恵を訪ねてやって来た。楽しそうに話す2人の姿を、織田が遠くから見つめる…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第23話「近づいていく2人」あらすじ

百恵はついに勇気を出して織田に電話をかけた。そしてデートが始まり、2人の仲は徐々に深まっていく…。
後日、百恵はまた織田を誘おうとするが、成り行きで木村と食事をすることになってしまった。しかし約束の日、由美がレジのお金を盗んだために大地は時間に遅れてしまう…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第22話「自分だけの厨房」あらすじ

料理コンクールに出場するよう勧められた大地は、千代秘蔵の鍵付きノートを発見。仲間を集め、みんなで秘伝のレシピを盗み見ようと沸き立つ。
クレッシェントを立て直そうとする可奈子は、宣伝のために織田を料理番組に出演させる。しかし、織田は自分を理解してくれない可奈子と衝突し、クレッシェントを去る決意をする…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第21話「楽譜を超えて」あらすじ

父に殴られた大地は百恵に傷の手当をしてもらう。ショックを受けている大地に、百恵は明るく話しかけるのだが、話題はやはり織田のことに。大地はこんな時ですら織田のことを考える百恵にいら立ち、ついに気持ちを伝えてしまう。 百恵は突然の出来事に驚くが、友達として大地を支えたいという思いは強く、千代に協力を求める…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第20話「リトルベアの危機」あらすじ

食中毒騒ぎを起こしてしまったリトルベアは、原因不明のまま1週間の営業停止を命じられてしまった。すっかり自信をなくした大地は自分を責め、辞めると言い出すが、様子を見に来た織田に叱咤され、もう一度原因を探り始める。そして、織田があることに気づき…。
翌日、百恵は織田からクレッシェントに招待される。久しぶりに織田の料理を食べ、幸せを感じるが、可奈子は織田が百恵を認め始めていることに気づき、嫉妬の念を増す…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第19話「一人前のシェフ」あらすじ

織田は可奈子から、大地が独立したがっていると聞かされる。ちょうどその頃、大地自身も積極的に仕事をこなすようになっていたため、織田は可奈子の言葉を信じてしまう。自分の存在が大地の障害になると考えた織田は、仮病を使って休むとアムールに行き、百恵に「今の自分に必要な料理を」とオーダーする…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第18話「温もりがほしい」あらすじ

過度のストレスによって倒れてしまった可奈子は、織田の家に泊まりこむ。リトルベアに出勤した織田は可奈子のために食事を作って大地に届けさせるが、可奈子は織田が自分で届けに来てくれないことを不満に思う。そして、百恵がアムールを休んでリトルベアの手伝いに来たことを大地から聞くと、アムールに電話をかけ、百恵のスフレを織田の家に届けて欲しいと頼む…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第17話「心を開いて」あらすじ

多峰は百恵には人の心を開かせる才能があると見込み、アムールの予約を担当させることに。その期待どおり、百恵は客の話しぶりから状況を読み取り、それぞれの客にあった細やかなサービスを提供する。
織田は百恵がリトルベアを去ってから元気をなくしていたが、たまたまかかってきた百恵からの電話を取り小さな笑みをこぼす…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第16話「新たなスタート」あらすじ

可奈子の母の誕生日、織田はケーキや料理を作って可奈子と3人でお祝いをする。織田と楽しそうに過ごす母の様子に、可奈子は幸せをかみしめ、織田に寄り添う。その頃、百恵は一人リトルベアの厨房でコンソメを作っていた。叶わなかった織田への想いに区切りをつけ、コックとして新たなスタートを切るための決心を固めていたのだ。翌日、オーナーや織田に「リトルベアを辞める」と伝えた百恵。みんなが驚いて引き留める中、織田は…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第15話「無償の愛」あらすじ

琳子は高橋を愛しながらもアムールの存続を願い、彼のもとを去ろうと決意する。そして最後のプレゼントを届けに向かった時、事故は起こってしまった。百恵は、抜け殻のように病院に通いつめる高橋を心配し、織田はそんな百恵を見つめる。突然厨房に入ることを許された百恵。しかし、織田の側で彼への想いを実感したり、織田と可奈子の仲の良さを見て沈みこんだり、料理に専念できなくなっていく…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第14話「手料理に愛をこめて」あらすじ

千代が突然リトルベアに現れて百恵を連れて帰ってしまう。家に着くと、千代の友人が集まって宴会の真っ最中。百恵は、先に来ていた高橋と一緒に客をもてなし、彼らが相当な美食家であることを知る。千代は高橋とアムールを宣伝するために、この宴会をセッティングしたのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第13話「壁1枚の距離」あらすじ

大地の両親をリトルベアに呼んだのは織田だった。織田は冷たく見えても実は大地のことを気にかけていたのだ。両親が料理を食べる様子から、その嗜好を言い当てた織田は、大地にもそのような観察眼を身につけさせるためフロアを担当させることにする。替わって厨房に立つことになった百恵は大喜びするが、取り返しのつかない大失敗をして織田の逆鱗に触れてしまい…。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第12話「新装開店」あらすじ

“美食探しの旅”を終えた一行は帰途についた。出発前は織田との距離が縮まると思っていた百恵だったが、今では逆に織田を遠く感じていた。リトルベアに戻ると改装はすっかり終わっていて、百恵たちはきれいになった店に大喜び。一方、織田は何も変わっていない厨房を見て可奈子の配慮を感じ、彼女を訪ねる。 そのころ可奈子は、幼いころ母が看病してくれたことを思い出していた。彼女は眠る母に「好きな人がいる」と語りかける・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第11話「料理への思い」あらすじ

可奈子が帰った翌日、百恵たちはオーナーの友人の船に乗せてもらい、釣りに出かけた。昼食は釣った魚を船上で食べることになったが、大地はひどい船酔いでさんざんな思いをする。そしてお昼の時間。みんなで魚を焼いて食事の準備をするが、織田の姿が見えない。織田は先に帰った可奈子を心配し、ひとり離れた場所で電話をかけていたのだ。百恵はそんな織田を見つめ、声をかけることができなかった・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第10話「足元の子犬」あらすじ

織田には実力がありすぎて百恵の師匠としてはつりあわないと可奈子に言われた百恵。自分自身について、織田との関係について見つめなおす。リトルベアが改装のため1週間休業になり、その間にオーナーは皆で旅行に行くことを提案する。可奈子のおかげで高級なホテル、レストランを満喫するリトルベアのメンバー。その旅行で、可奈子の織田に対する想いや、織田の自らの過去と夢について話を聞いた百恵は、可奈子と自分との違いを思い知り・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第09話「新しいリトルベア」あらすじ

織田のいるレストランに行った百恵。そこで、一流のレストランの食事を堪能しリトルベアとの違いに圧倒される。しかし、同時にこことリトルベアのお客さんは違い、リトルベアはリトルベアなりの独自の素敵なお店にすればいいのだと言う事に気がつく。 リトルベアでは皆が必死になって織田の空いた穴を埋めようと、様々な企画を出しながらお店を盛り上げていた・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第08話「特別な場所」あらすじ

可奈子の頼みで、彼女のレストランを暫く手伝いにいくことを決めた織田。百恵と大地は不安で一杯だが、織田に頼りすぎの現状を指摘され、何も言えない。店を留守にする前に織田は百恵と大地に特訓を施す。そんな時百恵は黄金スープについて隠されていた事実を知る。 織田のいないリトルベアは毎日てんてこまい。百恵は織田の抜けた穴がいかに大きいか思い知る。そんな時お客さんから店の衛生面についてクレームをつけられ・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第07話「金色のハート」あらすじ

百恵からレストランプロデューサーの可奈子の味覚がおかしいことを聞いた織田。心配になり可奈子の家を訪ねる。悩みを一人で背負い込む可奈子を見て織田は自分が力になると告げる。 相変わらずお客の少ないリトルベア。そんな時、経営方針の違いからオーナーと織田が口論となり、織田は店を飛び出し、オーナーも出て行ってしまう・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第06話「空っぽのレストラン」あらすじ

最近リトルベアのお客さんが一気に減っていた。常連のお客さんがみなアムールに行ってしまったのだ。アムールに偵察に行き、リトルベアとの違いを知り愕然とするオーナー、そんな彼の姿を眼にして百恵と大地はお店のためになんとかすることを決意する。
料理の腕を磨くために料理教室にいくことにした百恵、しかしその料理教室の先生はなんとあの高橋だった。百恵は料理教室の方針も、生徒たちの態度も気に入らない。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第05話「暖かい食卓」あらすじ

織田と再びリトルベアに戻ってきた百恵。織田は相変わらず厳しかったが、少しずづ百恵のことを受け入れているようだった。
ある日、織田に言われ、織田の義理の母を訪ねる百恵。そこで、織田の隠された過去を織田千代(ビリー)から打ち明けられる。
ある日リトルベアに親子連れの客がやってくる。子供がおいしく食事ができるよう一生懸命おもてなしをする。そんな時百恵は織田の意外な一面を見てしまい・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第04話「味の魔術師」あらすじ

近くに開店したフレンチレストラン‘アムール’に偵察に行った百恵と大地。 シェフの高橋に嫌味を言われた百恵は思わず、リトルベアの料理のほうが美味しいと言ってしまう。アムールのおいしいサラダを食べサラダの重要性を感じた百恵は、オーナーにリトルベアのサラダを改良することを提案し、サラダ担当を任される・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第03話「失敗続きの初修行」あらすじ

織田への挑戦に挑むことになった百恵。悪戦苦闘しながら一生懸命自分なりの料理を作りあげる。そして料理が出来上がりみんなが美味しいと誉め、とうとう織田は百恵を認めざるを得なくなる。
晴れてリトルベアで働くことができるようになった百恵。うきうき気分で出勤したが、最初から失敗続きで、織田からは怒られてばかり。落ち込みながらも大地やオーナー親子に助けられながら修行を続けていく・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第02話「黄金スープ」あらすじ

仕事探しを始めた百恵だが、なかなか思うようには進まない。そんな百恵は偶然小さなレストランを見つける。中に入ってみるとそこは小さな洋食レストランで、中にはとても暖かな雰囲気が広がっていた。このレストランのシェフにはあの織田、そして木村大地(アラン・コー)がいた。そこで百恵は次々と美味料理を味わい、そしてまた百恵のグルメぶりにスタッフ、客たちは驚いた。最後に百恵の前に運ばれてきた料理は、百恵にとっては父との思い出の一品である黄金スープ(コンソメスープ)だった・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。

おいしい関係 第01話「大好きなパパ」あらすじ

藤原百恵(パティ・ホウ)は、幼い頃から父親の愛情をたっぷり受けて育ってきた。
また、グルメな父に連れられ世界各国の絶品料理を味わってきたお陰で、舌が肥えていた。
大学卒業の日、父親が彼女のためにパーティを開いてくれたレストランで百恵は偶然シェフの織田圭二(ヴィック・チョウ)と出会う・・・。

以前・以後のあらすじは、おいしい関係(台湾ドラマ)から見れます。