【スポンサードリンク】

« ラヴスタイリスト | メイン | 悪魔で候 »

2014年01月20日

愛の奇跡 第23話「Go on the stage」あらすじ(最終回)

エマの病状は進み、ついにステージ上で倒れてしまう。母シューマンは、エマを世間から隠すべく、フランスへ行くと言い出す。エマは自殺を決意し、一人病院を抜け出す。エマを必死に探すベンソンとアイ。エマを探し出したベンソンは、エマにもう一度ふたりでやり直そうと誓い、エマもそれを受け入れる。しかしエマは、ベンソンの心の底にあるアイへの思いを知り、アイのもとへ送り出そうとするのであった。そして5年の月日が流れ…

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第22話「Mirror」あらすじ

婚約を解消したベンソンとエマの関係は友情と呼べるものとなった。ジャアリの協力も得たベンソンは、ためらいを捨てアイに思いをぶつけるが、アイはどうしても受け入れることができない。一方、ジャアリ、シューマンそれぞれの思惑のもとに、シューマン、エマ、アイの家族共演による舞台の計画が着々と進んでいく。しかし、踊りを捨てると決めたアイは、シューマンからの誘いを拒否するのであった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第21話「Stop dancing」あらすじ

シューマンとの渡仏を決意したアイ。空港にシャンとベンソンが見送りに訪れるが、シャンはアイを連れ、逃げ出してしまう。ベンソンとの関係に終止符を打つ事を決意したエマは、ベンソンにも勇気を持つよう促す。エマに後押しされ、アイを訪ねるベンソンだが、シャンと口論になり、アイを追いつめてしまう。空港でアイに逃げられたシューマンは、アイにしつこく渡仏を勧めるが、二人は決裂してしまう。そんな時ジャアリからエマのバレエ団に公演の話が舞い込み、シューマンは台湾に残ることを決めるのだが…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第20話「Give up」あらすじ

シュウジョウはエマのもとを去りアメリカへ旅立つ。シューマンとの確執からエマの気持ちは乱れ、アイに辛く当たってしまう。そんなエマの態度と病状から、アイは自分がエマのもとから去ることが最善だと考え、母シューマンの考え方に疑問を抱きながらも、シューマンとの渡仏を承諾してしまう。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第19話「Back to mom」あらすじ

アイは念願だった実の母シューマンとの再会を果たすが、育ての母を快く思わないシューマンの発言に、アイの不安は徐々に募る。そんなアイの気持ちを察したシャンは、アイが母シューマンの所へと戻るよう、冷たく突き放す。しかし、シャンのもとを去りがたいアイは、シャンに、兄妹としてではない関係を築いていく事を提案する。米国行きを決めたシュウジョウはベンソンに対し、アメリカでのエマの過去、またエマとベンソンが引き裂かれた本当の理由を、告白する。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第18話「Dance with my sister」あらすじ

エマのバレエ団を去り、子ども達にバレエを教えながら、静かな生活を送るアイとシャン。そこにジャアリが訪ね、ベンソンとエマの結婚を知らせるが、身を引く決意を固めたアイは取り合わない。ベンソンからのプロポーズに幸せを感じるエマだが、幸せと同時に、自らの病状の悪化に気づき、次第にベンソンを避けるようになる。一方、シャンの売り込みが功を奏し、アイは台北バレエ団の舞台に立つ事に。そんなアイのもとをエマが訪ね、エマのバレエ団への復帰を促す。エマの容態が良くないと察したアイは、エマからの誘いを承諾するのだが…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第17話「My Princess」あらすじ

次回公演演目「白鳥の湖」の白鳥役だったキキが、突然バレエ団を去る。アイを白鳥役にと考えたエマは、アイとシャンのもとを訪れる。しかし、シャンと平穏な生活を送り幸せそうに過ごすアイを見て、何も言えないエマ。以前の生活を取り戻すことが幸せへの道だと考えたエマは、ベンソンとの結婚を望み、ベンソンはこれを受け入れる。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第16話「Falling Star」あらすじ

自分が不治の病であることを知ったエマは、絶望に打ちひしがれる。ベンソンとシュウジョウはそんなエマのために奔走する。アイもまた、実の姉であるエマのために、ベンソンとの関係から身を引く事を決意し、ある日姿を消してしまう。行き場を失ったアイだったが、アイへの思いを立ち切れぬシャンと再会し、アイ、シャン、ウェンウェンの、3名で穏やかな生活を始めるのだが… 。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第15話「Alone again」あらすじ

シャンはアイに対する気持ちを抑え、これからは兄として向き合うと決心するが、混乱するアイはこれを拒絶し、シャンは家を去る。ある日、エマが体に異常を訴え倒れてしまう。検査を受けるが、その結果、治る見込みのない病であることが判明する。病名を知らされていないエマはアイに対し、次回公演のオーディションで合格した方がベンソンを取るという賭けを提案するが、エマの病状を知るアイは、大いに苦悩する。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第14話「My Mother」あらすじ

エマは足を捻挫する。それを見舞うベンソンとアイ。アイはエマを姉としてさり気なくいたわる気持ちを伝えようとするが、エマには通じず、逆に、ベンソンを返してと迫られる。シャンはアイに愛を告白し、ベンソンにもその気持ちを伝え理解を得る。また、シャンは永斉の令嬢であるジャアリに、ベンソンに結婚を迫ることの無意味を説くが受け入れられない。シャンのもとにも、ユウのもとにも居場所を見つけられないアイは、ベンソンのもとに行こうとするが、それもエマの気持ちを考えるとできず、一人孤独に彷徨うのであった。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第13話「The Truth」あらすじ

倒れたウェンウェンの心臓は移植が必要なほど悪化していた。彼女はシャンがアイの母であるシューマンに会いに渡仏するのを待ってくれと頼む。ベンソンはATGと永斉の関係を壊すべく、ATG社長の交代を密かに察知し、会社の危機を救う。シャンは交通事故に遭い、病院に駆けつけたアイは血液型の違いから、自分がシャンの実の妹でない事実を知る。回復したシャンはアイに、シューマンが母で、エマが姉である事実を告げるが、アイはそれを信じようとしないのだった。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第12話「The 20th Birthday」あらすじ

ベンソンの婚約者ジャアリは、自分のプライドを賭け、婚約をあくまで履行するようベンソンに迫る。エマもロンドンでの思いがよみがえり、その胸の内をベンソンにぶつけるが、ベンソンのアイに対する思いは変わらない。兄シャンはアイの20歳の誕生日に、亡き母との約束通り、アイの出生の秘密を告白しようとするが、直接伝えられず、真実を告げるビデオテープをアイへのプレゼントとして木の下に埋めるのであった。ベンソンは会社の危機を乗り越えるべく、ATG社の取り込みを図るが、ATG社と永斉はすでに密約を交わしていた。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第11話「I love you」あらすじ

アイの初舞台は見事に成功し喝采を浴びる。しかし、アイが脚光を浴びることで、アイとベンソンの関係はますますマスコミの注目するところとなっていく。それを利用しようとする叔父の王社長と永斉のドウ会長。そんな中、ベンソンは心を決めマスコミの前でアイへの愛を宣言する。アイもそのベンソンの言葉を信じ、彼と生きて行く決心を固めるが、永斉のドウ会長は、今や片腕となったアイの兄であるシャンに、海達乗っ取りの実現に向け自信を示すのであった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第10話「Dance for you」あらすじ

エマのバレエ団の初公演が始まった。ジュリエットを演じるのはキキ。だが公演初日、キキはうまく踊れない。アイを傷つけた自責の念が彼女を苦しめていたのだ。キキは役をアイに譲りたいと申し出、受け入れられる。  アイの晴れ舞台の日、客席にはベンソンの姿があった。彼は、新規事業の展開に必要な融資を得るため、永斉グループの令嬢であるジャアリとの婚約の実行を迫られていたが、舞台を見ながらアイへの思いを強くするのであった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第09話「Romeo & Juliet」あらすじ

ある日、食事を届けようと突然ベンソンを訪ねたアイは、偶然にもそこにエマが来ていることを知りショックを受ける。エマもアイが来たことに驚く。アイは初公演でジュリエットの役を得ようと練習に励むが、オーディション当日、何者かにシューズにガラス片を入れられ、怪我をして役を逃してしまう。犯人はライバルのキキであった。その頃兄シャンは、ベンソンへの対抗心を燃やし、海達のライバル企業である永斉に近づくのであった・・・。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第08話「She is not my sister」あらすじ

アイはエマのバレエ団のオーディションに合格する。知らせを聞き祝福する兄シャンだが、アイとエマとの関係を思うと、複雑な心境は隠せない。そんな中、アイが自分との約束を破ってベンソンと逢っていると誤解したシャンは、ベンソンとアイを力ずくで引き離そうとする。しかしアイはそれに反発し、ベンソンと兄の目の前で、ベンソンへ寄せる思いをぶちまける。シャンは苦しみながらもそれを受け止め、いらぬ波風は立てたくないと、海達を去ることを決める。ベンソンと対峙したシャンは、「いつかお前を抜き去ってみせる」と決意をぶつけるのであった・・・。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第07話「Sister」あらすじ

シュウジョウはエマに、ベンソンを思うあまりバレエへの気力を失ってはならないと説く。アイは兄シャンに海達に戻るよう説得し、交換条件として自分はもうベンソンに会わないと誓う。ベンソンは社内の反対勢力である叔父の王社長からスキャンダルの責任を問われるが、逆に社内に監査グループを設置する提案を行い巻き返す。
シュウジョウはエマをかばうため記者会見を開き、エマの突然の渡米キャンセルは生き別れた妹を台湾で探すためだったと釈明する。その報道を見て兄シャンはアイの出生の新事実に気づき、エマが設立しようとしている新バレエ団のオーディションにアイも参加するよう強く促すのだった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第06話「First Position」あらすじ

アイはフィットネスジムのルウルウに、「自分のやりたいことを見失ってはならない」と、ダンスの道へ戻るよう諭される。
兄リシャンは海達で昇進を果たし張り切るが、それを快く思わない王社長から妹アイと会長ベンソンの関係を聞かされ、感情的になる自分を抑えきれずに辞表を出す。
ベンソンへの思いを断ち切れないエマは、渡米を急遽とりやめ台湾にとどまるが、そのことがスキャンダルとして世間に波紋を呼んでしまう。
ベンソンは社内の反対勢力からそれを槍玉に挙げられ、苦しい境地に立たされてしまう。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第05話「I'm not his girlfriend」あらすじ

リシャンは以前知り合った人づてを頼り、海達に就職する。その仕事ぶりはベンソンも認めるところとなる。
エマはシュウジョウとの婚約を発表するが、それを知ったアイは、自分へのエマの勘違いがベンソンとエマの仲を引き裂いたのではないかと思い悩む。
一方ベンソンはアイのために再度バレエオーディションを開くが、そこでアイは審査員のエマに対し、ベンソンとはただの友人であると切に訴えるのであった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第04話「Save the last dance」あらすじ

リシャンはアルバイトでのピザを配達中、交通事故に遭ってしまう。アイは兄に迷惑をかけられないと、フィットネスジムのコーチの仕事に就くことを決める。アイにバレエをやめてほしくないリシャンはそれを許さないが、アイは自分だけが特別扱いされるのは嫌だと反発する。家を飛び出したアイは、雨の中、ベンソンの前で「最後のバレエ」を披露する。心を通わせるふたりだが、このためにベンソンはエマとの食事の約束に遅れ、怒ったエマはベンソンに会わずに立ち去ってしまうのだった。
エマの気持ちがベンソンに残っていることが気がかりな婚約者シュウジョウだが、エマを信じ、ベンソンにも「君よりもずっと彼女を愛している」と告げる。そんな中、アインを通じて、ベンソンからアイにある包みが届けられる…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第03話「My superman」あらすじ

ロンドンでベンソンと別れたエマにはすでに婚約者がいた。それを知ったベンソンは、とっさにそばにいたアイのことを「僕の恋人だ」と紹介してしまう。ベンソンはアイを車に乗せ、星を見に行く。そこでベンソンはアイに、エマとの過去のことや、自分自身の色覚障害のことなど胸の内を語り、そんな自分がアイだけは彩りをもって見えるのだと告白する。帰宅したアイを待ち受けていたのは、母の死の知らせであった。兄リシャンは、アイにダンスを続けさせようと奮闘するが、ついに自らの休学を教授に申し出る。
一方、ベンソンとエマの関係がイメージダウンにつながることを恐れるベンソンの側近は、エマを広告に採用し、逆にイメージアップを図る策に出るのであった…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第02話「Love me or not?」あらすじ

盗まれた授業料を取り返したアインは、アイの劇団に入り一緒に働き始める。ベンソンはアインに父親との仲直りを進言するが、アインは「実業家は自分には向かない」とこれを受け入れない。最後のバレエ公演を成し遂げたアイに、兄リシャンは言う。「アイのお母さんは別の世界に住んでいる。その世界にいつかアイも戻らなければならない」。ベンソンの招きで、アイは切望していたエマの公演を観に行く。終演後アイは、エマの控え室を訪ね、そこでベンソンとエマが言い争いをしているのを立ち聞きしてしまう。実はふたりは以前ロンドンで恋人の関係にあったが、ベンソンの父の急死によって、ベンソンは台湾で実業家の道を、エマはニューヨークでバレリーナの道をそれぞれ歩みだしていた…。

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。

愛の奇跡 第01話「I have a dream」あらすじ

バレリーナの卵であるアイは、オーディションへ向かう途中、ビルの屋上に立っていた実業家ベンソンを自殺志願者と勘違いし、体当たりで彼を助け、足を怪我してしまう。心配するベンソンに、「意志があればきっと道は開ける」と言い残し、アイはステージへあがる。しかし、健闘むなしく、落選してしまう。帰り道、アイはお守りとして大切にしていたマスコット「ターちゃん」がなくなっていることに気づき、急いでオーディション会場のホールへ戻る。そこでベンソンと再会する。実はこのホールは、ベンソンがバレリーナのためにつくったホールであった。ベンソンは「ターちゃん」をアイに返そうとするが、アイは「家族のことを考えると、私は夢を諦めなければならないから」と「ターちゃん」をベンソンにプレゼントする。アイは兄リシャンにオーディション落選を告げる。アイは事前に母と兄と、今回落選したら大学に進むことを約束していた。リシャンは、「これをバレエとの別れの記念にしよう」と、アイが尊敬するバレリーナ、エマの公演チケットをアイに渡す。アイは大学進学に向けて予備校探しを始める。しかし、そのさなか、授業料やエマの公演チケットが入ったカバンを盗まれてしまう。犯人と思い込んで捕まえたアインは、アイと同じオーディションの合格者であり、ベンソンの従弟であった。その場に現れたベンソンは、盗まれたものの弁償をアイに申し出るが、アイは「お坊ちゃまの考えは分からない」と、ベンソンのやり方に反発する。アイは授業料を盗まれたことをリシャンに謝罪する。アイがバレリーナの道に進むことを応援していたリシャンは、「お前にはバレリーナの血が流れている」とアイを諭す。そして、「自分たちがもしも本当の兄妹でなかったら…?」と問いかける。実はリシャンは、母親と密かな約束を交わしていた。そんなある日、ベンソンからアイのもとへ宅配便が届く…

以前・以後のあらすじは、愛の奇跡(台湾ドラマ)から見れます。