【スポンサードリンク】

« イタズラな恋愛白書 | メイン | ドリームメーカー »

2014年01月22日

エーゲ海の恋 第40話「愛は永遠に」あらすじ(最終回)

ヤオシャンの容態が急変し、危篤状態が続く。一方、自宅に戻ったアンジーは病院を抜け出してきたイーチェンに刺されてしまう。
その頃、病院の待合室で眠るシャオトンの夢にアンジーが現れ・・・。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第39話「プロポーズ」あらすじ

アンジーはギリシャでシャオトンにプロポーズするが、病床のヤオシャンを思うシャオトンの気持ちを理解し2人は上海へ戻ることに。
ヤオシャンを見舞ったシャオトンは母の形見のネックレスをヤオシャンに返す。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第38話「和解」あらすじ

和解したメイリンとシャオトンを見たイーチェンは、自分が騙されていたと思い、シャオトンに襲い掛かる。その状況に恐れを感じたメイリンは、アンジーとシャオトンに上海を出ることを勧める。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第37話「親子の絆」あらすじ

心臓病を患うヤオシャンは医師から入院を勧められるが拒否していた。一方、ホイウェンは危機を乗り越え無事男の子を出産し、リャンピンや両親を安心させる。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第36話「1万の願い」あらすじ

ピアノが弾けなくなったシャオトンのため、アンジーは1万人のサインを集めると願いが叶うという「1万の願」を始める。街頭でサインを集めるアンジーの姿に感動したシャオトン再び元気を取り戻す。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第35話「不運の日々」あらすじ

精神的に極限まで追い詰められたシャオトンは、アンジーとの連絡が取れないままステージに上がるが、観客の冷たい視線に耐えられず、演奏を放棄して舞台から走り去ってしまう。
一方、アンジーは盛り場で男たちと遊び歩く毎日。泥酔したイーチェンから電話を受け、彼女を家まで送り届ける。こうしてすさんだ日々を送っていたイーチェンだが、アンジーを取り戻すためには自ら打って出るほかないと決心し、周到に罠をめぐらせていく。 家に帰ったシャオトンは、演奏会当日の精神的なダメージを克服できず、楽団からは演奏資格を剥奪され、アンジーやヤオシャンの励ましも功を奏さず、ついにピアノを諦める決意をする。
突然父親を失って悲嘆に暮れるヤオシャンは、胸の痛みに耐えられず病院で検査を受けるが、それが母親を死に至らしめた不治の病「心臓肥大症」によるものと知る。自分に残された時間が長くないことを知ったヤオシャンは、短い人生を精一杯生きようと心に誓う。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第34話「父の死」あらすじ

借金返済の日、ヤオシャンの父親は古剣の買い手とまったく連絡がつかず、途方に暮れている。そこに取り立てに来たチンピラたちが返済を迫り、追い詰められた父親はビルから転落、即死してしまう。
連絡を受けたヤオシャンは病院に駆けつけるが、そこにはすでに冷たくなった父親の遺体があるだけだった。彼は自分の親不孝を呪い、慟哭する。
シャオトンは職場の中で噂の的になっているが、それがある雑誌の記事によるものだと知る。アンジーは傷付いた彼女を守ろうと楽団に駆けつけ、雑誌の記事が事実ではないことを団員に説明する。
アンジーの誠実な姿にシャオトンは感動するが、演奏会へのプレッシャーは高まるばかりだった。当日、ピアノを弾く手は炎症を起こし、客の入りはまばらで、控え室に姿を見せたアンジーの母メイリンもシャオトンを侮辱して去っていく。シャオトンの精神的なダメージが頂点に達した時、演奏会の幕が開く。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第33話「うわさ」あらすじ

息子の夢をかなえるため、ヤオシャンの父親はヤクザの高利貸しから大金を借りて古剣を購入し、知り合いに転売する。だが、買い手は古剣が高額ですぐには払えないと言い、父親は金を受け取らないまま古剣を渡してしまう。買い手は2日後に代金を振り込む約束をするが、楽観的な父親はまったく気にしない。
アンジーと甘い生活を送っているシャオトンは、職場で自分が噂になっていることに気付く。婚約者のいるアンジーを奪ったという噂で、シャオトンは同僚から冷たくされるが、アンジーにはそれを告げず、独りで耐えようとする。
そんなある日、嫉妬に狂ったイーチェンが二人のマンションを訪れ、シャオトンの腕をねじ上げて彼女の古傷である腱鞘炎を悪化させてしまう。演奏会を控えたシャオトンは治療よりも練習に励むが、精神的なプレッシャーと手の痛みでしだいに追い詰められていく。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第32話「写真家への夢」あらすじ

転職先もすんなり決まり新たな人生を踏み出したアンジー、若手ピアニストとして将来を嘱望されるシャオトン、二人は愛の巣で甘い生活を送っていた。
そんな二人を知り落ち込んでいたヤオシャンだが、作品が有名写真家の目に止まって写真展への出展を勧められる。然し、出展を目指し資金調達のために仕事を増やそうとするヤオシャンは、胸に強い痛みを感じる日が多くなっていく。
ヤオシャンの事情を知った父とシャオサンは、資金を工面しようとあちこちに連絡を取る。そんな時、シャオサンの友人に周朝の古剣を見せられた父親は、これを売買して一儲けしようとたくらむ。
資金不足で写真展への出展を諦めようとしていたヤオシャンの家をアンジーとシャオトンとヤオシャンが訪ねて、夢を諦めないよう説得する。ヤオシャンは二人に励まされての写真への熱意を新たにし、写真展参加を決心する。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第31話「愛の絆」あらすじ

ヤオシャンの受賞祝いの料理を準備するあいだも、シャオトンとアンジーは気まずさを感じていた。過去のいきさつを知らないアンジーの婚約者イーチェンは、シャオトンの前でアンジーと無邪気にじゃれあう。その光景に耐えられなくなったシャオトンは、近くの湖へ抜け出すが、誤って湖中へ落ちてしまう。ゲームに興じていたアンジーは、シャオトンが湖に落ちたことを知って駆けつける。アンジーはイーチェンの忠告に耳を貸さず湖中に飛び込んで、シャオトンを救い出す。アンジーは溺れて意識を失ったシャオトンに彼女の名を呼び続け、人口呼吸を繰り返し、ようやくシャオトンを蘇生させることに成功する。
この事故で改めて彼女への想いを知ったアンジーは彼女との愛を貫く決心をし、母メイリンと住む家を出て、二人で暮らす決心をする。
一方、アンジーに婚約解消を言い渡されたイーチェンは大きなショックを受けるが、彼を取り戻すための策略をめぐらし始める。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第30話「受賞祝賀会」あらすじ

リャンピンは、妻ホイウェンに励まされ、再び事業を始めようと上海へ越してくるが、彼らの動きを知ったメイリンは、二人への復讐を新たに誓う。
ヤオシャンは初めて応募した写真コンクールで特別賞を受賞し、写真への興味をさらに募らせていく。受賞の知らせを聞いた友人たちは、郊外でバーベキューパーティを開くことにし、これにシャオトンも駆けつける。
日ごとに冷淡になっていくアンジーに不安を感じたイーチェンはヤオシャンの勤め先の花屋に訪ね、そこで祝賀パーティの計画を知り、同僚のリリーを誘って三人で参加することに。アンジーとシャオトンとの過去のいきさつを知らないリリーは、喜んで誘いを受け入れたが、パーティの会場は、あの3年前の郊外の別荘だった。
出発の朝、初めて事情を知ったアンジーとシャオトン。気まずい雰囲気の中、車は郊外のあの別荘へと向かうのだった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第29話「真実の愛」あらすじ

シャオトンは夜の公園にアンジーを呼び出し、アンジーの父リャンピンの居場所を教える。アンジーとイーチェンの婚約が母メイリンの強引な策略によることを知って、シャオトンは彼に同情を覚え、自から身をひく決意をする。
同じ夜、ヤオシャンは写真コンクールに出す作品を一緒に選んでもらうためにシャオトンを待つが、彼女は現れない。彼女に思われていないことを実感したヤオシャンは、花屋の同僚リリーの気持ちを次 第に受け入れるようになっていく。
シャオトンから父リャンピンの居場所を教えられたアンジーは、一人こっそり会いに行くが、自分で店を経営し楽しげに働く父に羨ましさを感じる。彼は父親にわざとそっけなく振舞うが、リャンピンはそんなアンジーに自分の人生を大切にするよう諭す。
一方、イーチェンは自分を婚約者として扱うようアンジーに迫るが、彼の冷たい振る舞いは変らなかった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第28話「うらはら」あらすじ

シャオトンの交際の申し込みを断ったヤオシャンは自分の気持ちを持て余し、花屋の同僚リリーを飲みに誘い泥酔してしまう。リリーは泥酔したヤオシャンを家まで送るが、これをきっかけに彼を本気で好きになり、押しかけ女房を気取り始める。
アンジーが上海に戻った事を知ったシャオトンは思い出の公園で彼を待ち、アンジーもシャオトンの姿を求めて同じ公園に現れる。3年ぶりに再会した二人。しかし、アンジーはシャオトンに対し心とはうらはらに、冷淡な言葉を残して去っていく。自分の気持ちを抑えきれないアンジーは、その苛立ちを婚約者イーチェンにぶつけることになる。
イーチェンは、彼の変化にただならぬものを感じてヤオシャンに相談に行くが、そこで偶然シャオトンと出会う。イーチェンはシャオトンとアンジーの関係を知らないまま、自分たちの婚約が母メイリンの執念によるものであることを彼女に明かすのだった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第27話「祝賀パーティー」あらすじ

ヤオシャンに交際を申し込んだものの、シャオトンは自分の彼への気持ちが愛ではないと気付いて悶々としていた。そんな時、楽団のマスターからパーティでのピアノ演奏を頼まれる。このパーティはアンジーが新社長として上海支社に着任することを祝うものなのだが、それと知らないシャオトンはこの仕事を引き受ける。
パーティ当日、シャオトンは舞台に立って初めてアンジーの姿に気付く。舞台の上と下で見つめ合う二人。3年ぶりの再会にも心の晴れないシャオトンは悲しい曲を演奏し、孤独な3年間をピアノで綴る。アンジーにも彼女の気持ちが痛いほどわかるが、何も知らない彼の婚約者イーチェンは二人を引き合わせ、無邪気にふるまう。
シャオトンの動揺ぶりを目にしたヤオシャンは、彼女の気持ちがまだアンジーにあることを知り、自分たちは友達のままでいようとシャオトンに告げる。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第26話「微妙な関係」あらすじ

上海へ社長として戻ったアンジーは、不祥事の処理に冷酷な実業家ぶりを発揮する。それは婚約者のイーチェンに不安を感じさせるほどであったが、アンジーの心の中は依然としてシャオトンへの愛であふれていた。
人を愛することに臆病になっているシャオトンは、前回の見合い相手シャオジエに執拗にアタックされるが気持ちは動かず、シャオジエを諦めさせようとヤオシャンに彼氏のふりをしてもらう。ヤオシャンはシャオジエに「彼女にこれ以上近づくな」と脅すが人前で恥をかかされたシャオジエは、不良仲間の応援を得てヤオシャンを痛めつける。
ヤオシャンの自分に対する思いやりが友人以上のものであることに気付いたシャオトンは、彼に交際を申し込むのだが。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第25話「上海へ」あらすじ

カナダに来て3年目、アンジーとイーチェンの婚約披露宴が盛大に行われた。仕事一筋のアンジーはその日も遅刻して母をやきもきさせるが、婚約者のイーチェンはまったく気にせず幸せに酔いしれている。
数日後、上海の会社で不祥事が発生したため、リェン・ジェンシンはアンジーを社長として上海へ送り込む。アンジーは、イーチェン、メイリンと共に思い出の地、上海へ戻ることになった。
上海ではシャオトンがピアニストとしての名を高めていた。だが失恋の痛手から立ち直れないシャオトンは、人との付き合いを避けて寂しい日々を過ごしている。
一方、上海を逃れるように去ったリャンピンとホイウェンは、郊外で小さな喫茶店を営み、慎ましく幸せに暮らしている。そんなホイウェンのたった1つの心残りは親孝行ができないことで、父親の還暦の日に3年ぶりに実家を訪ねるが、窓越しに両親の姿を見て声をかけぬまま立ち去るのだった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第24話「別離」あらすじ

アンジーは母のなりふり構わぬやり方に負け、自分を押し殺して人生を歩む決意をする。ヤオシャンはそんな彼の豹変ぶりを不審に思い散々問い詰めるが、アンジーはその疑いを断ち切るためわざと冷酷な男として振舞い、ヤオシャンを失望させる。
そんな折、イーチェンの父リェン・ジェンシンはメイリンの体を気遣い、カナダへ戻ることをアンジーとメイリンに勧める。リェン氏の取計らいでアンジーはカナダ本社に転勤となり、母と婚約者イーチェンと共に上海を離れる。
3年の月日が経った。
音楽学校を卒業したシャオトンは上海の若手ナンバーワン・ピアニストとして名を馳せ、ヤオシャンも花屋で働きながら写真の勉強を続けている。シャオトンには異性からのアプローチが絶えず、叔父夫婦も次々と見合い話を持って来るが、彼女自身はいまだにアンジーのことが忘れられない。
一方、カナダで冷徹な企業戦士となったアンジーは、ひたすら仕事一筋の日々を送っていた。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第23話「覚めない夢」あらすじ

家に戻ったアンジーは、まさに自殺しようとしている母メイリンを発見する。彼はそこまで追い詰められた母を見捨てることはできず、これ以上シャオトンを苦しめないためにも、彼女と別れることを母親に約束する。それは彼が自分を殺して生きていく人生を選択したことを意味していた。
シャオトンの家では、彼女を元気づけアンジーとの門出を祝おうとヤオシャンたちがパーティーを開く。事前に知らなかったシャオトンは驚き、そして友情に感激して楽しい一夜を過ごす。
だがその翌朝、前夜のパーティーで酔いつぶれたヤオシャンたちが寝ているシャオトンの家に、アンジーが母親と共に姿を現す。アンジーは母の前でわざと彼女を傷つける言葉を吐き、別れを告げる。そしてヤオシャンたちにも絶交を言い渡して去って行く。シャオトンはたった一夜の彼の豹変ぶりが信じられず会社に会いに行くが、そこで目にしたのは婚約者に甘く微笑みかけるアンジーの姿だった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第22話「八方塞がり」あらすじ

アンジーは、イーチェンを事故に遭わせたことを彼女の父であり会社社長でもあるリェン・ジェンシンに責められ、娘との婚約を強要される。だがアンジーはこれを断固として拒否し、リェンの会社の資本撤収まで持ち出して対抗する。
アンジーの婚約者のことでショックを受けていたシャオトンだが、アンジーからいきさつを聞いて仲直りする。二人は、交際の許しを請うため再びメイリンを訪ねるが逆に彼女の怒りを買い、アンジーは勘当されてしまう。
一方、リェン社長の怒りは収まらず、アンジーを左遷した上、母メイリンにも圧力をかける。いま株を引き揚げれば元本は回収できず、このまま居座っても増資による再投資が必要と迫る。財力を失った現在のメイリンには、どちらの選択もあり得ない。
追い詰められ、再びシャオトンに怒りをぶつけるメイリン。アンジーはそんな母をなだめるため、勘当の身も省みず家に戻るのだが…。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第21話「婚約解消?」あらすじ

ヤオシャンは、アンジーがシャオトンに会いに行けなかったのは、母メイリンが自殺を図ったせいと知る。
一方ヤオシャンから母の自殺が狂言と知らされたアンジーは、母への不信感をつのらせる。不安な気持ちでいるシャオトンにすべてを話そうとするが、タイミングが合わず二人は会えない。
その夜、アンジーは母とイーチェン親子の前で、イーチェンとの婚約解消を申し出る。ショックを受けたイーチェンは、その場を飛び出し交通事故に、、、
同じ夜、シャオトンはアンジーを訪ねるが、そこでメイリンから彼に婚約者がいることを告げられる。メイリンに病院に連れて行かれたシャオトンは、そこでイーチェンをやさしく抱きしめるアンジーの姿を見てしまう。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第20話「婚約者」あらすじ

シャオトンは独り郊外の別荘でアンジーが来るのを待っているが、彼は自殺未遂の母メイリンを気遣い、思うように外出できない。ようやく会いに来てくれたが何も話そうとしないアンジーにシャオトンは不安を感じ、ヤオシャンに自分の思いをぶつける。ヤオシャンはそんな彼女をやさしく励まし、見守る。
メイリンは、体調がすぐれないことを理由にカナダにいるリェン氏の娘イーチェンを上海に呼び寄せ、彼女のアンジーへの想いを利用して二人の結婚話を強引に進めようとする。アンジーは母の思惑を知って彼女との婚約解消をリェン氏に申し出るが、取り合ってもらえない。
ヤオシャンは、アンジーがシャオトンを避けているようで、態度がよそよそしいことに不信感を強めていたが、そんなある日、ギリシャで出会ったイーチェンに再会する。そして彼女がアンジーの会社の社長令嬢であり彼の婚約者でもあることを知って、アンジーの不誠実さに怒りを覚え、絶交を言い渡す。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第19話「逃避行」あらすじ

アンジーは周囲の人々を傷つけた父に反発を覚えつつも、ホイウェンとの幸せを願って母メイリンに離婚を承諾させ、監禁されていたホイウェンを救い出して父リャンピンのもとへ連れて行く。リャンピンは、いつかまた戻って来ることを誓い、ホイウェンと手に手をとって上海を離れる。
メイリンは、アンジーが自分を裏切り夫の手助けをしたことに激怒し、その怒りの矛先をホイウェンの従妹でありアンジーの恋人でもあるシャオトンに向ける。町のチンピラにシャオトンを誘拐させた彼女は、ナイフでシャオトンを脅し、アンジーとの別れを迫る。そこへ駆け付けたアンジーは、メイリンが手にしていたナイフでケガを負う。
理性を失った母の姿に危険を感じたアンジーは、シャオトンを郊外の別荘にかくまい、自分も家を出る決意をしたその日、メイリンは大量の睡眠薬を飲んで自殺を図る。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第18話「監禁」あらすじ

メイリンは、夫リャンピンをホイウェンと別れさせるため、ホイウェンの元婚約者ダーウェイと手を組む。メイリンに入れ知恵されたダーウェイは、ホイウェンに薬物を飲ませてホテルに連れ込む。彼は彼女の体を奪うことで無理矢理ホイウェンを自分のものにしようとするが、優しいダーウェイには結局それはできない。
リャンピンとホイウェンの不倫は噂になり、メイリンは自分の人生を台無しにした二人への憎しみを深め報復の炎に燃える。彼女は再びダーウェイを唆し、ホイウェンを誰も知らない場所に監禁させてリャンピンと連絡を取れないよう仕向ける。
嫉妬に狂ったメイリンの心は次 第に異常をきたし、卑劣な手段でホイウェンを追い詰めていく。そんな母の変貌を悲しむアンジーだが、せめて監禁されたホイウェンを救い出そうとヤオシャンに居所を突き止めるように頼むのだが

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第17話「不倫への罠」あらすじ

ホイウェンがダーウェイとの結婚写真を撮影した日、リャンピンは妻との離婚届けにサインしたことをホイウェンに告げる。離婚が成立したと思い込んだホイウェンは、彼への愛を抑え切れなくなり、ダーウェイとの結婚をとりやめてリャンピンの元へ走る。しかしメイリンは離婚届けを破り捨て、ホイウェンを夫の不倫相手という立場に陥れる。
撮影の日、シャオトン、アンジー、ヤオシャンが揃い、そこで初めてシャオトンは、ギリシャ旅行で偶然知り合ったアンジーとシャオトンの関係を知る。一方アンジーはヤオシャンが密かにシャオトンに想いを寄せていることに気付くが、ヤオシャンは男の友情を守り、自分の本心を隠し通す。
メイリンの卑劣なやり方に耐え切れなくなったリャンピンは、家を出てホテル暮らしを始める。アンジーは母メイリンのとった卑劣な手段にショックを受け、さらにシャオトンとの交際を再び反対されて苦悩を深めていく。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第16話「誕生日」あらすじ

リャンピンは離婚を真剣に考え、メイリンに離婚協議書へのサインを迫る。数日後、メイリンは突然態度を変え協議書にサインし、さらに夫をホイウェンの元へ行かせる。だが、これはメイリンが仕組んだ罠だった。
両親の離婚問題で気の晴れないアンジーだったが、ヤオシャンが誕生日だと知り、カメラをプレゼントする。そして、ヤオシャンの片思いの相手が自分が愛しているシャオトンだと知らぬまま、告白を勧めるのだった。
ヤオシャンは勇気を出して自分の思いをシャオトンに告げようとするが、恋人と仲直りしたことを知って、黙って彼女を見守る決意をする。傷心の彼を待っていたのは、父親たちが祝ってくれる心温まる誕生パーティーだった。
ホイウェンは、リャンピンを忘れるためにダーウェイとの結婚の準備を進めている。結婚式用の写真撮影の日、シャオトンは写真に興味のあるヤオシャンを呼び、また親戚に紹介しようとアンジーも招いた。こうしてついに3人が互いの関係を知る日が来た。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第15話「雨の中へ」あらすじ

アンジーは自分に隠してアルバイトをしていたシャオトンを一度は責めるが、友人から事情を聞いて彼女を理解し、自分の愛が変わらないことを伝える。シャオトンもアンジーの愛の強さを知り、二人は絆を強めていく。
自分たちの愛に確信を持ったアンジーはシャオトンを母メイリンに紹介するが、彼女は息子に近づかないようシャオトンに迫る。アンジーは傷ついたシャオトンを励まし、二人の愛を守り抜いていく決心をする。
メイリンに追い詰められてクオ社長の会社に転職したホイウェンは、酒席でクオに手篭めにされそうになる。これがメイリンが仕掛けた罠と知ったホイウェンは、ショックのあまり雨の中へ飛び出していく。彼女を呆然と見送るリャンピンはもはや修復の見込みはないと判断し、メイリンとの離婚を決意するのだった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第14話「いさかい」あらすじ

シャオトンはアンジーに内緒で、叔父夫婦の借金返済を助けるためにナイトクラブでピアノ弾きのアルバイトを始める。このためアンジーとは疎遠になり、彼に疑心を抱かせることになる。
ヤオシャンはシャオトンのアルバイトが心配になり、自分も同じクラブで雇ってもらい、陰で彼女を見守ることにする。
そんなある日、アンジーは会社の仕事でクラブに行き、そこで彼女を発見する。シャオトンはアンジーに驚き店を飛び出すが、アンジーは彼女を追いかけ「なぜ自分に嘘をついたのか」と責める。シャオトンは叔父夫婦の借金には触れず、これからも二人が交際を続けるかどうかはアンジーが決めればいいと突き放す。
一方、シャオトンの様子を見ていたヤオシャンは、彼女が客の態度に我慢できなくなったのだと勘違いして客を殴りつけ、結局店をクビになってしまう

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第13話「アルバイト」あらすじ

メイリンに追い詰められたホイウェンは会社を辞め、クオ社長の会社に転職する。リャンピンは辞めた理由を問い詰めるが、ホイウェンは本当の事は言わず、ただ互いに相手を思いやる。
アンジーはヤオシャンを本屋へ連れて行き、読書を薦める。ヤオシャンはそこで自分が写真に興味があることに気付いてカメラを学ぶことにし、アンジーもそれを励ます。
シャオトンは叔父夫婦の借金を返すため、アンジーに黙ってピアノバーでバイトをはじめる。アンジーはシャオトンの態度がよそよそしいのに気付くがどうしようもない。ヤオシャンは、シャオトンのバイトを心配して自分もそのバーで働けるよう三下のシャオサンに頼む。
ホイウェンが辞めてからリャンピンは意気消沈し、メイリンをイライラさせている。そんなある日リャンピンはホイウェンを訪ね会社に戻るよう説得するが、それを見たダーウェイは取り乱し、ホイウェンに結婚を迫るのだった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第12話「友情」あらすじ

メイリンはヤオシャンがチンピラで無免許であることに怒り、紹介者ホイウェンを責める。リャンピンがホイウェンを庇ったことがメイリンの怒りに火を注ぎ、もしヤオシャンが無免許だったらホイウェンをクビにすると約束をさせられる。ヤオシャンがルー家に呼ばれメイリンに、免許の有無と息子アンジーの行方を問い詰められるが、ヤオシャンは何とか切り抜け、デート中だったアンジーのこともうまく誤魔化す。アンジーはヤオシャンの男気と頭のよさに感心する。
翌日アンジーとヤオシャンは自分の好きな女性について話すが、ヤオシャンには片思いの相手がいると聞いて、アンジーはそれがシャオトンと知らぬまま、ヤオシャンを励ます。
ホイウェンの両親は投資に失敗して財産を失い、多額の借金をする。ヤオシャンは、自分の父親も同じ会社に騙されたことを知り、父親を怒鳴る。リャンピンはホイウェンの家を助けようと彼女に小切手を渡すが、それをメイリンに気付かれてしまう。メイリンはホイウェンを会社から追い出す計画を実行に移していく。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第11話「面接」あらすじ

ヤオシャンはホイウェンの所に面接に行く。ホイウェンはヤオシャンが以前交通事故を起こした時のドライバーだと知って驚くがシャオトンとの約束を守り、彼をアンジーの運転手として紹介する。
シャオトンは警察から釈放されたヤオシャンを訪ね、デジカメの出所をただ糾す。だが事情を知ってヤオシャンを許し、今後一切盗みをしないことを約束させる。一方父リャンピンと警察から帰ったアンジーはシャオトンへの想いやイーチェンに対する自分の気持ちを父親に話す。
ヤオシャンはアンジーの運転手として雇われ、ルー家に行く。しかしメイリンは一見してチンピラ風のヤオシャンを嫌い、経歴を調査する決意をする。
ヤオシャンはアンジーを乗せ、会社に送り迎えするようになるが、お互いがシャオトンを好きなことを知らない。シャオトンもヤオシャンとアンジーの関係を知る由もなかったが。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第10話「秘書のメモ」あらすじ

家までヤオシャンを送ったシャオトンは彼の貧しさに驚き、早く定職を見つけるように勧める。シャオトンに励まされたヤオシャンは職探しに奔走するが、思うように見つからない。
猜疑心でいっぱいのメイリンは夫の秘書ホイウェンを家に呼び出す。ちょうどダーウェイと買い物をしていたホイウェンは、二人でルー家を訪ねる。メイリンの用件は息子の運転手を探してほしいというものだったが、もう一つの目的は夫リャンピンの引き出しにあったメモの書き手を確かめることにあった。メイリンはそれがホイウェンの筆跡であることを知り、ホイウェンを追い詰めていく。ホイウェンは、自分が書いたメモであることを認めて家を出る。ダーウェイは傷ついたホイウェンを慰めてプロポーズし、ホイウェンもそれを受け入れる。
ホイウェンからアンジーが運転手を捜していることを聞いたシャオトンは、お金に困っているヤオシャンを紹介する。ヤオシャンはそのお礼に盗品のデジカメをプレゼントするが、このデジカメのためにシャオトンとアンジーは警察に連行される破目になる。ルー・リャンピンによって二人は無事釈放されるが、シャオトンは自分がアンジーにとって迷惑な存在ではと不安になる…。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第09話「部長就任」あらすじ

メイリンのホイウェンに対する疑いは深まるばかりだが、ホイウェンとリャンピンは友人で居続けることを誓っていた。
ホイウェンは、社長リャンピンへの想いを断ち切り、ダーウェイを伴って両親に挨拶に行く。ダーウェイはホイウェンの婚約者として扱われて喜ぶが、彼女は内心うれしくない。シャオトンは、ホイウェンのそんな気持ちに気付いている。
アンジーはシャオトンと離れることが辛かったが、母メイリンの決めた会社(イーチェンの父リェンの会社)に入ることにする。リェンは何の経験もないアンジーをいきなり海外営業部長に抜擢する。アンジーとシャオトンは電話やデートを重ね、二人は気持ちを確かめ合う。
ヤオシャンはシャオトンのことが気がかりだが、父親やシャオサンにからかわれるのが嫌で、なかなか行動に移せない。ヤオシャンは父に教えられたケガの特効薬を作って学校にシャオトンを訪ねる。だがそこには父親の借金取りが待ち構えていて、ヤオシャンと殴り合いになる。シャオトンは全身傷だらけのヤオシャンを放っておけず、家まで送ることにする。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第08話「慰めのピアノ」あらすじ

ホイウェンは自分を手篭めにしようと企む建設会社のグォ社長と渡り合い、リャンピンを感動させる。メイリンはリェン家への投資を勝手に決めた後、会社にリャンピンを訪ねるが、彼は妻の勝手な行動に憎しみを覚える。
アンジーはメイリンと共にイーチェンの父リェン・ジェンシンに会いに行き、そこでイーチェンとアンジーを政略結婚させリェン家の会社を継がせるメイリンの計画を知って、茫然とする。アンジーは悩みを話せる相手としてシャオトンを思い出す。手の怪我で悶々としていたシャオトンはアンジーの電話を受け、大喜びする。シャオトンはアンジーを上海の街に案内するが、浮かぬ様子のアンジーを気遣い学校の音楽ホールに忍び込んでピアノを弾きながら悩みを聞く。アンジーはそこで自分がシャオトンを愛していることに気付く。
メイリンはグォ社長に偶然出会い、ホイウェンがリャンピンのために体を張って争ったことを知り、ホイウェンと夫の仲を疑い始める。そして夫リャンピンの机の中にホイウェンのメモを見つけ、怒りの炎を燃やす。
交通事故で手に怪我をしたシャオトンは、学校へ訪ねてきたヤオシャンから交通事故を起こした日に逃げた理由を聞いて、ヤオシャンを許すことにする。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第07話「再会」あらすじ

ヤオシャンはシャオトンに怪我を負わせたまま逃げたことに、罪悪感を感じていた。そこで子分のシャオサンを連れ、シャオトンの通う音楽学校に行く。
ホイウェンが、ダーウェイ、シャオトンと一緒に食事をしていると、社長夫人のメイリンから電話が入る。たくさんの買い物をしたメイリンはお茶の約束に間に合わないので、荷物をホイウェンに持ち帰ってほしいと言う。荷物を取りに行くと、メイリンは夫の操縦術について得々と語り、ホイウェンは不愉快になって早々にその場を立ち去る。メイリンはそのお茶の席でイーチェンの父親リェン・ジェンシンが上海に会社を創設する話を聞き、一つの計画を思いつく。
アンジーは先日パーティーが行われたホテルに戻り、ブレスレットを従業員に渡すが、その直後にシャオトンがブレスレットを取りに現れ、2人は再開する。ギリシャで会えなかった理由を聞いて納得したシャオトンは、アンジーに携帯電話の番号を渡す。シャオトンはアンジーからの連絡を待つが、アンジーのどこか距離感のある態度に不安になる。
ホイウェンはメイリンの荷物を会社でルー・リャンピンに渡す。リャンピンはホイウェンが不機嫌なのを見て、帰宅したメイリンに秘書を女中扱いするなと叱り、喧嘩になる。
アンジーは母メイリンを慰めるが、メイリンにリェン・ジェンシンの訪問を切り出され、同行を承諾する。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第06話「パーティー」あらすじ

会社の創立記念パーティーで忙しく働くホイウェンは、時折リャンピンが妻や息子と睦まじくしている様子を目にし、つらくて思わず涙する。それをアンジーに見られてしまい、疑いを抱かれることになる。
シャオトンは家で叔父からの電話を受け、叔母つまりホイウェンの母親が怪我をしたことを知る。すぐにホイウェンに知らせようとパーティー会場に行くが、慌てていてブレスレットを落としてしまい、それをアンジーが拾う。
ヤオシャンは父親の泣き落としにあい、父親に代わって泥棒をしにいく羽目になる。車で盗みに行く途中、シャオトンとホイウェンに出会い、二人をホイウェンの母親の所まで送ることにするが、ヤオシャンは途中で事故を起こし、3人は病院に運ばれる。ヤオシャンは警察から逃れるためにその場を抜け出す。シャオトンはこの事故でピアニストにとって命より大切な手に怪我を負ってしまう。
シャオトンは、ブレスレットがないことに気付き、豪雨の中をホテルへ引き返す。ホイウェンやその両親はホイウェンの部屋に戻り、不安な気持ちでシャオトンの帰りを待っている。その時、ホイウェンが事故に遭ったと聞いたダーウェイが急いで駆けつける。両親が帰った後、パーティーでリャンピン一家の幸せそうな姿に傷ついたホイウェンは、叶わぬ恋と自分に言い聞かせ、ボーイフレンド・ダーウェイと付き合う決心をするのだが

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第05話「帰国」あらすじ

母メイリンとカナダに戻ったアンジーは、そこでMIC社に就職するチャンスがあることを知る。だがメイリンは彼に富豪リェン家の娘イーチェンとの結婚を強要し、アンジーは母への嫌悪を募らせる。
リャンピンは秘書ホイウェンの自分への恋心を断ち切らせるため、妻メイリンと息子アンジーを上海に呼び寄せて会社の創立記念パーティーに二人を出席させることにする。
ホイウェンは、大学時代からのボーイフレンド・ダーウェイと空港へ出向き、そこでひどく酔ったシャオトンを出迎え、それがヤオシャンのせいだと思ってしまう。ヤオシャンは事情を説明できないまま家に戻ると、父親がまた借金取りに追われていることを知る。やむなく父親を手下のシャオサンの家にかくまうが、こうした日々がいつまで続くのかと不安になる。
アンジーはイーチェンとの結婚を望む母の要求に応えようと努め、イーチェンに少し時間をくれるように頼む。イーチェンは希望を抱くが、アンジーはやはりその気になれずギリシャでのシャオトンの思い出を拭い切れない。
ホイウェンは自分からメイリン親子を空港に出迎えることを申し出て、リャンピンもそれを承諾する。空港で華やいだメイリンに会ってふいに自分が惨めになり、リャンピンへの気持ちはいけない恋なのだと自分に言い聞かせる。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第04話「すれ違い」あらすじ

翌朝サントリーニ島から戻ったアンジーの身勝手な行動に母メイリンは怒りを示すが、彼がイーチェンにプレゼントを買ってきたことで、憤りは収まった。
アンジーはシャオトンを想い、深夜彼女の宿を訪ねるがシャオトンはすでに就寝していたので、明日会おうというメッセージを残して去る。翌朝シャオトンはアンジーが訪ねて来てくれたことを知って喜び、メッセージの場所に出かける。だがそこにアンジーはいない。カナダにいるイーチェンの父親が突然倒れたという知らせを受け、メイリンはアンジーとイーチェンを伴い急遽カナダへ帰ることにしたのだ。それでもアンジーは飛行機に乗る前にシャオトンと約束したシンタグマ広場に行きシャオトンを待ったが、結局2人は会えない。
ダーウェイは、ホイウェンの会社を訪れ、自分がホイウェンの恋人のように振舞う。それを見た社長のリャンピンは、二人の幸せを思いやり邪魔してはいけないと考えてわざと自分からホイウェンを遠ざけようとする。だがそれは却ってホイウェンを悲しくさせる。
ヤオシャンと傷心のシャオトンは二人でアテネ観光をするが、シャオトンはアンジーのことが頭から離れない。シャオトンは帰国間近になってヤオシャンに魔除けで有名なギリシャのキーホルダーをプレゼントする。魔除けのキーホールダーに恋が破れたと思ったヤオシャンは、シャオトンを相手に酒をあおり、酔いつぶれてしまう。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第03話「サントリーニ島へ」あらすじ

シャオトンのブレスレットを失くしてしまったヤオシャンは街で同じものを見つけるが、値段が高くて手がでない。やむなく母親の形見のネックレスを売って、同じブレスレットを手に入れた。
秘書のホイウェンは社長のリャンピンにひそかに惹かれていて、残業で彼を助けたり、身の回りの世話をすることに歓びを感じている。リャンピンに贈るつもりの黄色いシャツを恋人のダーウェイに見られてしまい、慌てたホイウェンは父へのプレゼントだとその場を取りつくろう。
アンジーの母メイリンは、内心息子のアンジーを財閥の娘イーチェンと結婚させたがっている。イーチェンはそんなメイリンの気遣いが嬉しく、アンジーをサントリーニ島へ誘うつもりでスターフェリーのチケットを買うが、その夜二人が夕食を準備して待ち続けたアンジーは帰ってこない。その日、アンジーはシャオトンを誘って島へ遊びに来ていたのだ。シャオトンは風に舞ったメモを追いかけているうちに誤って海に落ちてしまい、アンジーに助けてもらう。ずぶ濡れになった二人。港へ急いだが、連絡船はすでにアテネへ出た後だった。サントリーニ島に泊まることになったその夜、二人に小さな愛が芽生えることになる。
一方無断外泊して母の怒りをかったアンジーは、シャオトンにさよならも告げず、翌朝独りアテネへ帰ることに

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第02話「プラトンの永遠」あらすじ

宿のおかみに、友達をもっと大切にするようにと諭された女子大生シャオトンは、ドジのヤオシャンと1つの部屋をシェアーすることになる。そこで次第にヤオシャンの亡き母への思いを知ることになる。ヤオシャンも幼くして両親を亡くしたシャオトンに、母の面影を見出すようになっていく。
シャオトンは、昨日アンジーからプレゼントされたブレスレットの値段を調べようと、ヤオシャン誘って街に出る。2人は一時仲直りするが、その後すぐ財布をすられ、ブレスレットもなくしてしまう。シャオトンは呆れて「疫病神、わたしはもう上海へ帰る!」と言い残し、宿を出ていってしまう。
一方、富豪の御曹子アンジーは、母親のメイリンからイーチェンとの結婚を迫られ、息苦しさを感じている。気晴らしに1人で外出したとき、宿を出てきたシャオトンと偶然再会する。ブレスレットを返すつもりだったシャオトンはそれを果たせなくなった事情を説明したがアンジーは気にもかけず、彼女を「自由の楽園」と呼ばれるサントリーニ島への船旅に誘うのだった。豪華な客船で紺碧のエーゲ海クルーズを楽しむ二人。天真爛漫に振舞うシャオトンに、アンジーは次第に惹かれていく

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。

エーゲ海の恋 第01話「めぐり逢い」あらすじ

クァン・シャオトンは上海に住む音大生の女の子だ。一緒に住んでいる従姉のツェン・ホイウェンたちとギリシャ旅行を予定していたが、ホイウェンの急病(実は仮病)で見ず知らずの男リー・ヤオシャンと2人だけで旅をすることになる。ヤオシャンは空港に二日酔いで現れ、ギリシャに着いても田舎者ぶりを発揮してシャオトンを呆れさせる。
2人は宿がなかなか見つからず、散々けんかをしたうえ途中ではぐれてしまう。宿を探していたシャオトンは危うく交通事故にあいそうになり、スーツケースを壊してしまった。この車の運転をしていたのが、母と上海から来ていた富豪の御曹子ルー・アンジーだった。アンジーはスーツケースの償いとして彼女に「プラトンの永遠」という名のブレスレットをプレゼントし、宿まで送る。
一方、ヤオシャンはシャオトンとはぐれた後、リェン・イーチェンという女性と知り合いになる。イーチェンも大富豪の娘でアンジーの妹のような存在だが、アンジーを愛しており、アンジーの母親に気に入られている。ヤオシャンもイーチェンに宿に連れてきてもらい、そこでヤオシャンとシャオトンは再会する。が、既に部屋は1つしか空きがなく、ヤオシャンはロビーのソファで寝ることになった。

以前・以後のあらすじは、エーゲ海の恋(台湾ドラマ)から見れます。