【スポンサードリンク】

« 台湾ドラマ一覧 | メイン | 天空之城 »

2014年01月27日

地下鉄の恋 第21話「愛が見える」あらすじ(最終回)

手術後体調に気をつけていたユンシャンに一番恐れていたことが起きた。検査結果が思わしくないと病院から連絡を受けていた彼は、ある朝突然出血し、意識不明のまま発見される。骨髄移植は成功したと思われていたが、ユンシャンは感染症を併発し、もう手の施しようがない状態になっていた。ジンジンは初めて知る重大な事実に動揺したまま病院にかけつける。全てを理解する時間もないまま、ユンシャンの意識の戻ったわずかな時間に交わした言葉が最後となり、ユンシャンはジンジンの元から旅立っていってしまう。しかし、「一生そばにいる」という約束を守るため、ユンシャンはジンジンに最後の贈り物を用意していた・・・

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第20話「幸せな時間」あらすじ

ユンシャンはジンジンに結婚を申し込んだ。遅々として進まなかったミンミンとファンの恋も皆の後押しで成就を迎える。親子の絆も戻り、息子2人のダブル結婚の喜びに父は大きな喜びに満たされていた。妻のヨウはこのパーティに呼ばれていなかったことを知り、ツマハジキにされていたことに憤慨する。しかしユンシャンが骨髄移植を諦めるようヨウから言われた事を自分の胸だけにしまっていたことを知ると、ヨウの中のわだかまりも消えていくのだった。ユンシャンは母の角膜移植を拒んだあの日の少女がジンジンだったということを告げ、父と約束を交わす。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第19話「過去を隠して」あらすじ

ジンジンの休暇明けの初番組は盛況で、励ましのファックスも局に沢山届いていた。成功の興奮さめやらぬジンジンはいつになく頑固で、ユンシャンに会うまで帰らないとダダをこねて迎えに来たミンミンとファンを困らせる。ユンシャンに絶対に連れてくるなと言われていたものの、どうしようもなく病院の外のベンチで二人は語り合う。そんな姿を病室の窓から見ていた父は、過去の過ちの償いも含めて何が何でも自分の骨髄を受け取って欲しいと言い張った。そして骨髄移植の手術が行われる。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第18話「願いを叶える共同制作」あらすじ

誰もがユンシャンの体を気遣い、彼の願いを叶えようと涙をこらえて力を合わせていた。仕事も休暇中で外との接触が少なくなり時間を持て余すジンジンは、忙しくて会えないというユンシャンの言い訳に一人納得がいかなかった。心を痛めたミンミンの働きかけでジンジンはラジオ局に復帰することになる。会うことを避け続けてきたユンシャンだったが、ジンジンの声についデートの約束してしまう。立ち上がることさえままならない病状ながら、ユンシャンはファンの助けをかりて待ち合わせの場所に向かうが・・・・

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第17話「美しい嘘」あらすじ

このまま時間が止まればいい----ユンシャンは屈託のないジンジンを見てそう心底願っていた。しかし確実に病魔はユンシャンの体を蝕んでいた。自らの命を削ってまでも"空飛ぶ眼科病院"の仕事に熱中するユンシャンの姿にシャオチェンが一人大きな秘密の重みに耐え切れなくなっていた頃、ユンシャンは作業中に意識を失い、梯子から転落してしまう。意識不明のユンシャンが担ぎこまれた病院では、ミンミンもファンも何かがおかしいと感じ、シャオチェンを責め立てていた。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第16話「父との和解」あらすじ

ユンシャンの父ミンカイは、息子との確執を取り除きたいと、再びユンシャンに歩みよろうと努力していた。しかしユンシャンは受け入れることができない。しかし病気のことを抱え精神的にも追い詰められたユンシャンは、幸せだった子供のころ家族で過ごした家に訪れる。そこで父と再会する。そこで過去に誤解があったことを知り、今まであったわだかまりが解けていった。会社を退職したミンミンは人生を見直し、発展途上国で眼病治療にあたる"空飛ぶ眼科病院"のボランティアに参加することになった。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第15話「涙の約束」あらすじ

ユンシャンに謝ろうとシャオチェンが家を訪ねると血の海に倒れているユンシャンがいた。ジンジンとのデート中に気分が悪くなったユンシャンだったが、ジンジンにはひたすら隠し通し、自宅に着いたとたん倒れたのだった。運びこんだ病院で、ユンシャンが末期の白血病であることを知ったシャオチェン。しかしユンシャンは誰にも話さないでほしいと頼む。周囲の人たち、特にジンジンに心配させたくなかったからだ。シャオチェンは泣きながら言わないと約束をした。日に日に体力が落ち仕事に支障をきたし始めたユンシャンはシンファをミンミンに紹介し仕事を手伝ってもらうことに。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第14話「謀略」あらすじ

ユンシャンとジンジン、お互いの心がしっかり結ばれた二人は、ミンミンの反対にも決して気持ちがゆらぐことはなかった。ジンジン中心の生活を送ってきたミンミンは妹が自分から離れていくようで寂しさと苛立ちを感じていた。それが仕事にも現れ、ミスを犯したファンに対し激しく叱責してしまう。それでもファンは、落ち込んでいるミンミンを励まし、ジンジンの恋愛を応援しようと説得する。ファンの言葉で心が軽くなったミンミンはジンジンと仲直りをする。しかしファンの母ワン・ヨウはミンミンを嫌うだけでなく、ファンが彼女に本気になることを恐れてありとあらゆる手を打つのだった。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第13話「運命に身をゆだねる」あらすじ

ユンシャンが角膜移植を反対した少年だったと知ったミンミンは、二人が付き合うことに大反対する。ジンジンが今まで失明の為に受けてきた理不尽な待遇を思うと、ユンシャンのことが許せないのだ。しかしユンシャンは引きこもりがちになったジンジンを連れ出し子供の時の思い出の場所に出かける。二人は偶然そこでシャオチェンとシンファに会った。ユンシャンへの思いを引きずるシャオチェンは、障害者であるジンジンはユンシャンの重荷でしかないと彼女を責めたて、わざとジンジンを森の中へ連れて行き、置き去りにする。もしユンシャンと本当に縁があるのなら、彼はきっと見つけてくれる・・・。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第12話「喪失、そして確かな愛」あらすじ

新しい職場で倒れたユンシャンを病院に担ぎ込んだのは「祐陽ヒルズ」の下見にきていたファンだった。彼はその病人がユンシャンであることを知っていた。ジンジンは元気のない愛犬バオベイを元気づけるため、散歩にでかけた。しかしバオベイの強引なリードによって自分の居場所さえ分からなくなってしまった。その上パオペイが自分の手を離れてしまい、不安の中ユンシャンに助けを求めた。ユンシャンは病院を抜け出しジンジンの元へ、しかしバオベイは・・・。ユンシャンとの絆を確認したジンジンはミンミンに、ユンシャンの過去を打ち明けるが・・・。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第11話「隠し事」あらすじ

ジンジンは昔、角膜移植の機会があった。しかしドナーとなる女性の子供が自分を傷つけてまでも反対し断念した。その子供がユンシャンだったのだ。ユンシャンもその時の子供がジンジンだったことに気づいていたが打ち明ける勇気がなく、とうとうジンジンに問い詰められてしまう。ジンジンは移植ができなかったことより、ユンシャンが隠していたことにショックを受けユンシャンと距離を置こうとする。一方プロジェクトの大成功によって副社長に昇格したミンミンに「祐陽ヒルズ」の宣伝という新たなプロジェクトの依頼が来た。しかし「祐陽ヒルズ」の企画責任者として現れたのは。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第10話「特別な思い出」あらすじ

シンファが裏切りを苦に自殺をしようとしている、というシャオチェンの芝居でユンシャンとの友情は元通りになった。しかしシンファが会社を辞めて立ち上げることになったデザインスタジオに参加して欲しいという誘いは頑なに断る。気を利かせて立ち去ったシンファのお陰で2人きりになったシャオチェンはユンシャンに対して密かに抱いていた想いを告げるチャンスが訪れる・・・・。自力で安定した職に就こうとユンシャンは面接を繰り返すが、なかなか彼のスタイルに合う会社はみつからないのだった。ラジオ局はジンジンの番組が小鹿の一件で上昇させた視聴率を取り戻そうと、彼女宛に届いた私物を使って話題を作ろうとしていた。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第09話「それぞれの愛のかたち」あらすじ

ファンが重傷を負って入院した。CM監督とのトラブルだった。社長や警察に何度も喧嘩の動機を聞かれたが、答えない。スタッフすらもそれを知る者がいなかった。理由に心当たりのあるミンミンからの差し入れにファンは少しだけ自分の心が通じた気がしていた。チェンは新しい家政婦は見つからない上に多忙な生活、ジンジンの障害を考えるとジンジンとの関係を進展させることを躊躇わずにはいられなかった。ジンジンによくなついているタンタンの純粋な気持ちを大人の事情に巻き込むことはできないと、チェンはジンジンにつらい言葉を告げるのだった。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第08話「同情と友情と愛情」あらすじ

ユンシャンはシンファが自分の作品の続きを黙って描いているのを知ってしまい、2人の友情は壊れ始めた。一方シンファの裏切りとも言えるこの行為を責めたシャオチェンは、逆にユンシャンの恋人ジンジンに探りを入れたことを「友情を壊す気か」と諌められていた。しかしこんなユンシャンとシンファの2人に奇跡的な仕事のオファーが舞い込んでくる。ジンジンは病気のタンタンのお見舞にチェンに電話をかけるものの、話をすることが出来ずに避けられている気が拭えない。これを機にタンは家事一切を手伝うことを申し出て、チェンとの距離を急速に近づけていった。色々な気持ちに混乱していたジンジンはユンシャンに対して、心に引っかかっていた疑問を投げかける。ミンミンは自分の軽率な言動が招いた出来事にショックを受け、会社を休んでしまう。しかし変わらぬファンの静かで絶えることのない思いやりにミンミンは心を打たれる。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第07話「トモダチ以上の関係」あらすじ

ユンシャンはジンジンとランチデートをする約束をしたが、遅刻してしまう。ジンジンは待っている間に近くのテーブルから偶然聞こえてきた会話にショックを受けてしまう。ユンシャンに片思いしているシャオチェンがユンシャンとの親密な関係をシンファと話していたのを誤解してしまったのだ。その頃、新しい番組のDJタンはチェンに好意を、ジンジンには激しい嫉妬を抱き、彼女を出し抜こうと様々な画策を始めていた。ミンミンはCM監督から車の運転を教えてもらっていたが、ファンから監督の不誠実さに注意を促される。しかし彼の親切心は反対に彼女の反感を買ってしまい、二人の関係は悪くなる。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第06話「異母兄弟」あらすじ

ユンシャンはチャン社長より2週間で次の作品を仕上げるように命令される。意にはそぐわない内容であったが割り切り仕事を始める。忙しい中、前向きに生きているジンジンと会うのが唯一の楽しみとなっていった。そんな時、長年疎遠となっていた父親ミンカイから連絡が入る。仕事を理由に病気の母を顧みなかった父、母の死後すぐに後妻のヨウを迎えた父が許せなかったユンシャンは家を飛び出し、孤児院に入って自分の力で生きてきたのだった。心臓病を患い、ユンシャンに家に戻ってほしいという父の願いをユンシャンは断った。そしてユンシャンの体調にも異変が・・・。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第05話「回り始めた運命の輪」あらすじ

ユンシャンは自分の次作の構想を "地下鉄に乗る 目の見えない少女"としてイメージを膨らませていた。ジンジンにもそのことを伝えた。二人の距離は益々近づいていく。その傍らでユンシャンの幼馴染シャオチェンはユンシャンへの思いを募らせていった。また番組「心から」にかかってきたリスナー"子鹿"からの電話が感動を呼び、高聴取率を収めた。子鹿は誰か・・・ジンジンの意思とは別に、ラジオ局はジンジンと"子鹿"の再会番組を作るようにチェンに命令をし・・・。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第04話「甦る記憶」あらすじ

お互い気になる存在でありながらすれ違っていたジンジンとユンシャン。地下鉄で真向いに座った女性が持っている傘に目が留まったあの時貸した傘・・・。この時二人は初めて会話を交わし、本当に出会った。ジンジンはチェンの思いを受け入れることができず、今のまま友人でいたいと気持ちを伝える。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第03話「伝わらない想い」あらすじ

ジンジンが大好きな、チェンの娘タンタンは忙しい父に代わりジンジンがお迎えにきてくれた事をとても喜んだ。夕食の時、みんなの前でタンタンがジンジンに向かって「お母さんになって」と口にする。ジンジンは戸惑うものの、以前よりジンジンに思いを寄せていたチェンは娘の言葉をきっかけに告白する決意をするが・・・。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第02話「思いがけない形の再会」あらすじ

新しく加わったDJタン・リナの意向で、ジンジンの番組「心から」の放送時間が夜に移された。早くに両親を亡くしジンジンを支えてきたミンミンの心配は益々募る。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。

地下鉄の恋 第01話「手の温もり」あらすじ

ジンジンはラジオ局に着くとすぐ、ディレクター、チェンの心配をよそに自分の番組「心から」をスタートさせた。また、ユンシャンは心配顔の同僚シャオチェンとシンファを後にチャン社長に呼ばれて部屋に入る。

以前・以後のあらすじは、地下鉄の恋(台湾ドラマ)から見れます。