【スポンサードリンク】

« ブラック&ホワイト | メイン | スキップ・ビート! »

2014年02月09日

スウィートラブ・シューター 第26話「お前に完敗!」あらすじ(最終回)

ルオハーはコートを取り壊す気はなく、ションシュエに正式に告白するために、一本芝居を打っただけだった。晴れてお互いの気持ちを確認した2人。数年後、地十三街では、住民たちとのマージャン大会が行われていた。そこには、ハー頭取や、シェン社長の姿もあった。ルオハーは、誕生日を迎えたションシュエにプロポーズしようとするが、素直になれないションシュエ。それを見ていたチュエンウーは、2人にバスケットで決着をつけてはどうかと提案する・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第25話「新社長の発表」あらすじ

ルオハーは、会社の存続のためにさまざまな手を尽くすが、父親の「記者会見を開いて自ら社長を辞任する」という言葉に従う。しかし、父親は当日になって怖気づき、ルオハーが会見に出席し株主に謝罪する。会見には、ハー頭取も現れるが、頭取は撃天グループに新社長を迎えると突然発表する。その新社長とはルオハーだった。その後、ルオハーは、ションシュエに「地十三街の権利を手に入れた。まずは、コートを取り壊す。嫌なら5時にコートに来い」とテレビの中継を通じて告げるのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第24話「乗り越えるべき壁」あらすじ

ションシュエは、ルオハーのためを思って父親にルオハーを引き渡す。ルオハーも素直に応じるが、「確かめたいことがある」と、2人で過ごした駅に戻る。そこにはションシュエからの「あなたをいつまでも待っている」というメッセージが。それを見て、会社の問題も努力して解決すると誓うルオハー。一方、イー家ではツーツォンとチュエンウーが和解し、正式にイー家の養子になることが決まっていた。ションシュエは、ルオハーとの別れにもめげず、ルオハーにふさわしい女になるために、努力を始める・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第23話「短い駆け落ち」あらすじ

チエンナーを連れ戻そうと、母親がやってきた。連れ去られたチエンナーをバイクで追跡していたツーツォンは、通行人と接触して事故を起こしてしまう。過去に恋人を事故で失ったことのあるチエンナーは、過去の二の舞になることを恐れ、母とともに空港へ向かう。ルオハーを東京へ向かわせる計画があると知ったションシュエは、ルオハーと2人で遠くへ逃げようとするが、そんなとき、ションシュエに電話がかかる。それはルオハーの父親からの電話だった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第22話「ション家、父と子の断絶」あらすじ

ションシュエの気持ちにようやく応えるようになったルオハーは、良家の育ちながらも、懸命にイー家のしきたりにも順応し、幸せな時間を過ごしていた。しかし、その裏で、ハー頭取たちは、チエンナーとルオハーの東京転勤を画策していた。ルオハーをなんとか取り戻したいルオハーの父はイー家を訪れ、ションシュエに、「父子が反目しても平気なのか?シェン家を崩壊させるつもりか?」と言い放つ。一方、チエンナーも家を出て、ツーツォンの暮らすハッピーベーカリーに身を隠していた・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第21話「始まりも終わりもコートから」あらすじ

ツーツォンは、チエンナーのことを考えている自分に驚いていた。そんなとき、車から締め出されたチエンナーから、助けてほしいとの電話が入る。一方、ルオハーは、バスケットコートで気絶して以来、イー家で安静にしていた。ションシュエはルオハーの意識が戻ったことを知らずに、ルオハーへの気持ちをこめて歌っていた。それを聞いて、ルオハーは思わずションシュエを抱きしめ、手をとりコートへと向かうが、「俺たちはコートで出会った。だから終わりもここだ」と別れを切り出す・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第20話「コートに降った雪」あらすじ

父親の反対を押し切り、ションシュエとの約束時間までにと、コートに向かうルオハーだったが、途中で車が横転して爆発してしまう。それでもなんとかコートに向かうルオハーを待ち受けていたのは、真っ白い羽でできた雪だった。「羽を降らせてもそれは雪ではない」と言うルオハーに、「私と戦ってシュートできたら5分ちょうだい」と引き止めるションシュエ。一方、ツーツォンへの気持ちに気づいたチエンナーは、母親にルオハーとの婚約を解消したいと伝える・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第19話「恋は混戦模様」あらすじ

絶体絶命の危機からションシュエを救ったルオハーだったが、話もせずに立ち去ってしまう。あきらめきれないションシュエは、雪森林で雪の変わりとなる羽をゲットする。一方、銀行に対する抗議活動を解決したツーツォンは、頭取であるチエンナーの母親から一目おかれ、銀行で働かないかと誘われる。そして、チエンナーも、ツーツォンに気持ちが傾きかけていた。そんなとき、チエンナーは、銀行に恨みを持つ通称“ゴキブリ”に襲われるが、ツーツォンは身を呈して助けるのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第18話「雪森林での危機」あらすじ

ションシュエは、約束通りコートに雪を降らせようと奮闘するが、家からの連絡で、造雪機が壊れていたことを知る。しかしションシュエは、雪森林に行けば雪を降らせるヒントがあると教えられ、危険を顧みずに林に向かう。それを知ったツーツォンは、ルオハーのションシュエの気持ちを確かめるべく、ルオハーを林へと向かわせる。そして自分は、銀行の抗議活動の処理にあたるのだった。雪森林では、ションシュエが落とし穴に落下、タンクの水がそこへ流れ込み、非常に危険な状態に陥っていた・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第17話「この恋は放棄しない!」あらすじ

イー家を出るツーツォン。しかし、その理由は、チュエンウーへの恨みからではなく、一時でもチュエンウーを疑った自分を恥じてのことだった。ツーツォンが家を出たことを知ったションシュエは、いなくなって初めて、彼の存在の大きさに気付く。学校では、ルオハーとチエンナーの交際のニュースで持ちきりだった。ルオハーの親衛隊のイージュンは、ルオハーのキスマークが付いた写真を用意できなかったションシュエを責めていたが、一転して傷ついたションシュエを応援するようになる・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第16話「ツーツォンの父の死の真相」あらすじ

ツーツォンは、賀豊銀行の頭取から、自分の父を殺したのはチュエンウーだと告げられる。にわかには信じられないツーツォンだったが、ヤケになって道でぶつかった若者とケンカしてしまう。一方、明日の5時までに、バスケットコートに雪を降らせたら、5分だけ話をするとルオハーに言われたションシュエは、家の中に造雪機があることを思い出す。父・チュエンウーの案内で造雪機を見つけたションシュエ。しかし、そこに居合わせたツーツォンは父の死の真実をチュエンウーに問いただすのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第15話「恋の勝負は1対1」あらすじ

ションシュエを抱きしめながらも「さよなら」とつぶやいたルオハー。突然の別れに取り乱すションシュエにツーツォンは、「ルオハーが突然変わったのには何か理由があるはずだ」となぐさめる。「自分だけの力で真実を確かめたい」と、立ち上がったションシュエは、賀豊銀行と撃天グループの提携パーティの会場へ向かうが、そこではルオハーとチエンナーの交際が発表されていた。5分だけでも、時間が欲しいと懇願するションシュエに、ルオハーは、無理難題をつきつける・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第14話「言えない決意」あらすじ

ルオハーとの待ち合わせ場所である体育館に向かうションシュエ。一方、ルオハーの乗せた車は、ションシュエとの待ち合わせ場所ではなく、地十三街のバスケットコートに向かっていた。手に負ったケガの痛みに耐えながらも、藍地学院のタンクたちに立ち向かうルオハー。そんな彼の脳裏には、無邪気に「コートを藍地学院から取り返して!」と笑うションシュエの笑顔が浮かんでいた。しかし、試合終了間際、かけつけたションシュエの呼びかけにも応えず、ルオハーは立ち去るのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第13話「迫られた選択」あらすじ

デートの終わりに地十三街に立ち寄り、住人の温かさに触れたルオハーだが、ションシュエに「一度傷つけた男のことは信じるな」と意味深な言葉を残して帰っていく。翌日、学校で女子のグループからルオハーのことで問い詰められたションシュエは、2人の仲が本物であることを証明するため、ルオハーのキスマーク付き写真を明日までに用意すると宣言する。一方、賀豊銀行に向かったルオハーは、チエンナーとつきあわなければ、ションシュエにも危険が及ぶと頭取に脅されてしまう・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第12話「もうひとつの出会い」あらすじ

ションシュエとルオハーがデートをしているレストランにはチエンナーと彼女の母からの資金援助を目論む男の姿が。しかし、男の失礼な行動に腹を立てたションシュエは男に水をかけて、ルオハーとともに逃げる。ションシュエを心配してレストランにかけつけたツーツォンは、興奮した男からチエンナーを守ったため、彼女はツーツォンに興味を持つ。その後、ツーツォンのもとに藍地学院のタンクからの電話が入る。タンクはツーツォンに、藍地のメンバーとしてバスケで東上学院と戦って欲しいと頼む・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第11話「最後のデート」あらすじ

ルオハーは、賀豊銀行の頭取にチエンナーとの交際を受け入れると報告したため、撃天グループへの投資は再開され、シェン家が一文無しになることは免れた。しかしルオハーは、別れる前に、せめて美しい思い出を作ろうとションシュエをデートに誘う。何も知らないションシュエは、デートに向けて、洋服選びやメイクをするのに必死だったが、なんとか綺麗に変身してルオハーの前に現れた。そして2人は、ルオハーのいきつけのレストランで素敵なデートを楽しむのだが・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第10話「望まぬ政略結婚」あらすじ

賀豊銀行の頭取の娘・チエンナーと結婚して、賀豊銀行の後継者となるなら撃天グループを救うと告げられるルオハー。一方、藍地学院のタンクがローマを連れて東上学院にこれまでのことを詫びにやってきた。ルオハーとツーツォンは、もう一度試合をしたいと訴え、タンクもそれに納得する。放課後、ルオハーはションシュエに話をしようとするが、ションシュエは彼を避けようとする。見かねた仲間の提案で、ツーツォンとルオハーは、放課後のションシュエをかけて、モップ対決を行うのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第09話「後半戦の恋の始まり」あらすじ

ルオハーと急激に仲良くなっていくションシュエにヤキモチを焼いていたツーツォンは、彼女のために魚料理を作って愛を告白しようと奮闘する。しかし、出来上がった料理を手にションシュエのもとに行くと、すでにルオハーと魚料理を仲むつまじく食べていた。ションシュエへの思いが届かず、一人ショックを受けるツーツォンだったが「前半戦がダメでも後半戦があるさ」と自分に言い聞かせるのだった。そんなとき、ルオハーのもとに、父親の心臓病が悪化したという連絡が入る・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第08話「イー家秘伝の湯は混浴?」あらすじ

ローマに仕返しに行くルオハーだが、そこにツーツォンもかけつけた。しかし、ローマから、ルオハーが土地の売買契約書へのサインがほしいために、ションシュエにキスを迫り、脅迫していた事実を明かされる。それを知ったションシュエの父は、家宝の棒を持ってルオハーを諌めようとする。ションシュエはルオハーを助けようとしてウソをついて父からぶたれてしまうが、そんな彼女を助けたのは、ツーツォンではなくルオハーだった。ルオハーとションシュエは、傷を癒すため、イー家の秘伝の湯に入るのだが・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第07話「届かぬ思い」あらすじ

ローマの逆恨みによってケガを負わされたルオハーとションシュエ。助けにきたツーツォンはションシュエをおぶって病院へと担ぎ込む。幸い、傷の具合は深刻ではなく、数日の入院で済んだションシュエを献身的に看病するツーツォンだが、ションシュエに「好きな人はいるの?」と聞かれて本当のことを言えずにいた。一方、ションシュエの純粋さにつけこんで、地十三街を手に入れようとしていたルオハーだったが、それは間違いであることに気付き、父親に反発して怒りを買い、監禁されてしまう・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第06話「偽りのデート」あらすじ

ションシュエとのデートをかけてバスケ対決をするルオハーとツーツォン。秘密の特訓が功を奏し、ルオハーと互角に渡り合ったツーツォンは、同点で試合を終えてサドンデスで勝敗を決めようとしていた。しかし、そのとき、ツーツォンのもとにションシュエの父親・チュエンウーが連れ去られたとの連絡が入る。ツーツォンが試合放棄したため、ションシュエをデートに連れ出すことに成功したルオハーは、ションシュエにロマンチックに迫り、地十三街の売買契約書にサインさせようと試みるのだが・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第05話「大切なものは何?」あらすじ

転校したことで、父・チュエンウーから叱責されていたションシュエをかばうツーツォン。彼は、チュエンウーの命令を受けて、ションシュエを守るために東上学院に転校する。一方、ルオハーは父の会社が融資を受けている賀豊銀行の頭取から、地十三街を3日以内に手にいれなければ、会社の権利は賀豊銀行のものになると突きつけられる。地十三街の人々の仲の良い暮らしぶりを目の当たりにして、心が揺らぐルオハーだが、「成功だけが勝ちだ…」と計画を実行し始める・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第04話「地十三街を手に入れろ」あらすじ

ションシュエは、転校したばかりで授業に追いついていないため、ルオハーの監視のもと補習を受けることに。ともに時間を過ごすことで、ルオハーはションシュエの飾らない性格に少しずつ惹かれはじめていた。そんなとき、父から呼び出されたルオハーは父の経営する撃天グループの経営が悪化していることと、銀行からの融資を受けるために、ションシュエが権利を持っている地十三街の土地を手に入れなければならないことを知る。ルオハーは、ションシュエを利用しようと考えるのだが・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第03話「男の対決!?」あらすじ

同じクラスになったションシュエとルオハーはお互いに衝突しあう。しかし、藍地学院との試合の日、ルオハーのバッグが何者かに穴をあけられたためマイシューズを無くし、他人の小さいシューズでプレイをして負傷した事実と、藍地のローマが反則していたことを知ったションシュエは、抗議のため藍地に乗り込むが、そこには彼女を心配してかけつけたルオハーとツーツォンの姿もあった。二人は、ションシュエをめぐってバスケで対決、火花を散らすのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第02話「私、転校します!」あらすじ

ションシュエは、東上学院が藍地学院に敗れたのは、すべてルオハーのせいだと思い込み、ルオハーに1対1のフリースロー対決を挑むが、あっけなく負けてしまう。しかし、そのことで東上を愛する気持ちに火のついたションシュエは、おしとやかな女性に育つようにと願う父親の薦めで入学させられた女子校から、ルオハーのいる東上学院への転校を決意する。同じ学校に通うことで、東上学院が負けたことを彼に謝罪させようと試みるのだった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。

スウィートラブ・シューター 第01話「10年目の敗退」あらすじ

東上学院と藍地学院は毎年バスケット対決を行い、勝利した学院が地十三街のコートを1年間使用できるという取り決めを交わしていた。10回目の戦いが行われようとしていたある日、熱狂的な東上ファンのイー・ションシュエは、東上のエース、シェン・ルオハーの乗った車に轢かれそうになる。しかし、悪びれる様子のないルオハーに怒ったションシュエの仲間が、ルオハーの車のタイヤに穴を開けたため、ルオハーは時間になっても試合会場に現れることができなかった・・・。

以前・以後のあらすじは、スウィートラブ・シューター(台湾ドラマ)から見れます。